ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

実習の基礎

実習生のときに知りたかった!臨床家からみた「実習」

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

今回は実習生さんに向けたメッセージです。

 

実習に対して本来求められるマインドの例を示します。

 

実習ってどんなイメージですか?

 

辛い?

きつい?

寝れない?

 

そんなイメージがある方が多いかと思います。

私もそうでした。

 

しかし、実際に臨床の場に出てから思うのは、

学生さんのうちからこんな体験をさせていただけるなんて、他の職種にはない大きなアドバンテージだな

という事です。

 

例えば医師や歯科医などは"研修医"として、養成校を卒業してから、指導担当者の下で働きながら机上の知識を実践へ繋げていきます。

他にも一般企業に勤める方にとっては、養成校を卒業して就職してから、社会人としての学びであったり、その会社のルールを学んでいきます。

 

このように、養成校では実際にこれから進出していくだろう社会に触れられる機会はありません。

アルバイトで擬似体験はできるものの、卒業までは学生というレッテルが貼られたまま、実社会を経験することができないのです。

 

 

しかし、リハビリテーションの世界では、卒業までに「実習」という形で経験をすることができます。

こんなアドバンテージはそうないのです。

 

ただ、せっかく学生という身分で社会経験を積むことができる機会を頂けているのに、それをないがしろにしている現状はおかしいと言わざるを得ません。

 

学生さんにとって、実習が”苦行”のようなものであると感じているのであれば、それは間違いなくリハビリテーション業界全体が取り組むべき、悪しき風習だと考えます。

 

しっかりと責任感を持って取り組める姿勢がある学生さんでないと、指導する側にとっても、お身体を実習にご協力くださる患者様にとっても、はたまた実習している側にすらなんのメリットもありません。

 

そんな実習であれば私が患者だったら協力を仰がれても即拒否します。

技術がないのはもちろんのこと、一生懸命さもなく、死んだような目で治療されても困りますからね。

施術を受ける側にとっては一生に関わることなので。

 

 

今の養成校が求める、授業としての実習であれば、患者様に触れる事なく、机上の知識を実際の現場で見学するだけで良いでしょう。

 

 

 

しかし、それだけであなたは実習を終えて良いのでしょうか。

せっかくの社会的なアドバンテージを無駄な時間として良いのでしょうか。

 

 

 

実習は卒業後のスタートダッシュを決められる絶好の機会だと私は思います。

前回記事での私の願いを再喝します。

 

何のための実習なのか。

誰のための実習なのか。

そのためには何をしなければならないのか。

あなたはなぜ実習をしにきているのですか?

なぜ、セラピストになりたいと思ったのですか?

そこの自分軸をブレずに実習を取り組んで欲しいと思います。

 

これが、どういう形で実習生さんのもとに届くかわかりませんが、

1人でも多くの学生さんが、学校の言いなりではなく、自分の意思で学びにきているんだ!

という積極的な姿勢をみせてくれることを祈ります。

そうすれば、辛い、きつい、寝れないの先にある『けど、楽しい』という本来の学びの姿をみることができるでしょう。

 

好きで入った業界ですから、学ぶことが『夢中』となるまでのハードルは低いです。

実習を通して少しでも早く、臨床の楽しさに気付き、学ぶことに『夢中』になって欲しいと思います。

 

早くこちらのステージへ進んで来てください。

めちゃくちゃ『夢中』になれるステキな職業ですよ。

 

もし、それが実習で分からなかったのであれば、ご連絡下さいね。

時間の許す限り相談にはのりますから。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

この記事を読んでどう思いましたか?
↓あなたの意見を聞かせてください!↓

この記事も読んでみて!

1

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

2

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ? 課題でSOAP書 ...

3

『リハぶっく』の初投稿となるこの記事では、私が臨床の現場において、最も大切にしている 『コミュニケーション』   をテーマとしたいと思います。   こんな方におすすめ ・実習中であ ...

4

DMにて問い合わせがありました! 少し前にツイッターのDMで、   「質問して良いタイミングがわかりません。いつ質問したら良いのでしょうか?」   こんな学生さんからの素朴な疑問をいただいたきました。 ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

6

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

7

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

-実習の基礎

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.