↓当サイト内 検索はこちらから↓

プロフィール

初めまして。

当ブログの管理人 長谷川元気 です。

この度は、『リハぶっく』に訪れていただき、誠にありがとうございます。

 

勝手ながら自己紹介をさせていただきます。

 

 

長谷川元気 って誰よ??

 

 

長谷川元気

あだ名は はっちゃん

都内の病院で理学療法士をしています。

院内では

実習指導担当

新人教育担当

NST(栄養サポートチーム)

RCT(呼吸ケアチーム)

シーティングチーム

リスクマネジメント委員

などの活動を兼任させて頂いています。

 

 

また、プライベートでは1児のパパ。

仕事から帰ると「おかえりぃ~!」と妻・子が叫んでくれる。

この一言で疲れなんてぶっ飛びます。

いや、本当に幸せモンですね。

 

 

あと、特筆することといえば、

Mr.Childrenの大ファン。

もちろん、F&M会員。

なんといっても、歌詞が魅力的ですよね!

全曲詩集の『Your Song』を聖書にしています。

ライヴにはよくいきます。もしかしたら、どこかでお会いしている方もいるかも~。

チルトモ募集中です 笑

 

 

Twitterにてブログの更新情報やリハビリに関連しそうなこと などを中心につぶやいています。

もしよければ、フォローしてやってください!

 

 

 

 

『リハぶっく』につい

 

 

当ブログは

「実習でお困りである学生さんの力に少しでも立ちたい」

そんな想いでまとめているサイトとなっております。

 

実習指導担当者である私が、実体験をもとによりよい実習を過ごすための知識を共有していきます。

 

というのも、私自身、学生時代にいった実習にあまりいい思い出がないのです。

学校での成績は決して良かったわけではありませんが、定期試験は特に問題なく通過していたため、順調かと思われた学校生活でした。

しかし、実習ではそうはいきませんでした。

私なりにもがき、頑張ったのですが、どうにもうまくいかず苦難の連続でした。

ある実習では期間を一週間延長してなんとか落ちずに済んだという経験があります。

 

あれから何年も経ちますが、あの時の焦りと危機感を未だに忘れることができません。

そんなこともあってか、私が臨床にでてからは『実習教育』に力を入れるようになりました。

実習で落ちるギリギリの経験をしてきた私が、“実習生が私と同じような経験をしないためにはどうしたら良いのか”について考えるようになったのです。

 

学生を指導する立場になって初めてわかった“実習”の本質。

それを今回このブログを通してお伝えし、実習で落ないためにはどうしたらよいのかという”答え”を提示していきます。

このブログを訪れていただいたあなたの実習への負担が少しでも減ることを、祈念いたしております。

 

 

 

 

学生さんに伝えたいこと

 

 

学生時代の一大イベントである実習。

その実習は、実習生自身の取り組み方次第で良し悪しが大きく変わってくると考えています。

そのため、『リハぶっく』では、”実習生さんがどういった取り組みをしたら良い実習を過ごすことができるのか”についての答えをたくさん提示しているのです。

 

昨今では学生さんの質の低下したと言われている現状をご存知ですか?

残念ながら、今の学生さんは実習生として実習に来る前からそのようなレッテルが貼られているのです。

もちろん、誰しもが全員が全員そうだとは思っていません。

しかし、養成校の数が増え、昔ほど”絶対に理学療法士になるんだ”といった強い意志をもった学生が相対的に少なくなってしまったのは事実です。

 

私が臨床へでてからというものの、その強い意志をもたない学生さんが、実習で大変な想いをしている姿をたくさん見てきました。

私自身も強い意志を持たない人種だったので、もがき苦しむ学生さんの気持ちが痛いほど分かりました。

 

苦しくなるのも訳ないと思います。

だって、学生さんの想いと指導者の想いには強い摩擦があるのですから。

 

そして、ここで言いたいのは、指導者の想いはそうそう変えることができないということです。

つまり、苦しい実習を打破できるのは実習生である”あなた自身”であるということです。

 

『他人に変わってもらうには、あなた自身が変わる必要がある』

社会にでてからは、この考え方がスタンダードとなります。

もちろん、実習も同様です。

 

 

ただ正直、学生さんの心持ちで全てがうまくいくわけではありません。

そこには指導者や症例の方との関わりをはじめ、多くの要因で”壁”に当たることもあると思います。

中には理不尽なこともたくさん経験するでしょう。

 

とはいえ、社会においてあなたの居場所を作るのは、やはり”あなた自身”なのです。

あなたが自ら行動しなければ、なにも変わらないのです。

 

社会人になれば学生の時とは違い、あなたの進む道が用意されているわけではありません。

あなた自身で道を開くのです。

 

実習はそのための予行練習です。

臨床に向けて、どれだけあなたが”自分のための実習”を過ごせたか。

これがぶれないように実習に臨んでくださいね。

 

 

 

 

 

依頼について

 

 

執筆、広告、寄稿などの依頼についてはフォーラムのトピック「当サイトへの質問・要望など」からお願いいたします。

内容によって、こちらからご遠慮いただく場合がございますが、ご了承ください。

 

 

 

 

最後に

 

 

当ブログはまだまだ余白の多いサイトとなっております。

私の意見だけでなく、あなたの意見や情報提供についても柔軟に対応させていただきたいと思います。

 

「こんな知識もあるよ~」「こんな知識はどうだろうか?」

と実習を生きぬく上で必要な知識を広めたい!我こそは!という方は、

こちらのフォーラムのトピック「当サイトへの質問・要望など」よりお気軽にご連絡ください。

 

みんなでその余白のピースを描いていきましょう。

お待ちしております。

 

長谷川元気

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

  • 管理人

長谷川元気

《《《 仕事 》》》

都内在住の理学療法士。 呼吸療法認定士。実習指導担当をしています。

リハビリで一番大切なのはコミュニケーション。どんな手技よりも大事。大事。

 

《《《 プライベート 》》》

一児のパパしています。毎日「おかえり~!!」の一言で癒されています。

F&M会員。Mr.Childrenの「PADDLE」「pieces」「ヒカリノアトリエ」は人生の指針。

よく読まれています。

臨床実習学生におすすめの教科書 1

『実習の教科書』が販売されました! 私が監修した『実習の教科書』がnoteにて絶賛発売中です。   実習で落ちたくないあなたへ。とある指導者がまとめた実習の手引き ~実習前 編~ 今すぐ教科 ...

2

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

3

  どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイト ...

4

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

更新日:

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.