ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

よくある質問

歩行介助はどこにいればいいのか。~”介助”が持つ2つの顔を考慮して~

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

 

バイザーとして指導しているときに、実習生さんや新人さんに質問すると回答にこまってしまうことが多いのが、

 

「歩行の介助をしているとき、なぜ、そこの立ち位置にいるのですか?」

 

という問いです。

普段、我々リハビリを提供している人は、安全にかつ最小限である介助をすることが求められます。

すなわち、能力を最大限に引き出すためには、ある程度のリスクを背負いながら介助をしなければなりません。

しかし、寝返りや起き上がり、立ち上がり、移乗の際にはそういったことも含めて介助をすることのできる方も多いのですが、”歩行”となると意識が途端に薄れてしまう方が多いのです。

 

それは、リハビリにおいて”歩行”がある種のゴールであり、そこまで獲得できれば安心といった感情があるのではないかと、私は考えています。

要は気が緩んでいる証拠、怠慢です。

 

 

そこで、今回は歩行介助はどこにいれば良いかについてまとめます。

どちらかというと、リハビリの方に向けた内容となっていますが、最初の方は看護師さんにも関連してくるリスク回避についても触れています。

 

先ほども少し触れましたが、

歩行介助だけに限らず、どんな日常生活動作の介助においても言えることですが、介助には二つの顔があります。

 

・リスクを回避するための介助

・"出来ない"を"出来る"にするための介助

どちらかというと、看護師さんや在宅での介護者の介助は、リスク回避を指していることが多いと思います。

この時の介助は生活する上で、安全第一であるために必要なポイントのひとつ となります。

 

 

リハビリにおいては安全第一で行うことも大切です。

しかし、介助の対象となるのは、筋力が弱い、バイタルの変動が著名である、痛いなど様々な要因で動作能力が低下している方です。

リハビリはそういった方の動作獲得に向け、トレーニングをしていますよね。

つまり、その際にある程度のリスクを伴うことはあたりまえなのです。

そのため、リハビリの人はしっかりした医学的根拠のもと、リスクを管理しながら、運動負荷をかけつつ適切な介助を行う必要があります。

 

・リスクを回避するための介助  ⇒  看護師さん、ヘルパーさん、介護士さん、放射線技師さんなど

・"出来ない"を"出来る"にするための介助  ⇒  理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

 

 

 

では、歩行介助をする際に、どこへついていれば良いのでしょうか。

 

 

まず、リスク回避を目的とした歩行介助では、患者様の隣に位置どり、片方の脇や腰に手を添えながら一緒に歩きます。

その時に大切なのが、患者様のリズムに合わせて歩くことです。

あくまで介助者は不安定さを軽減させる役割に徹します。

そのため、ふらつきの強い側や膝折れしてしまう側、痛みの強い側に陣取り、転んだりしないよう支えると良いでしょう。

 

特例として、パーキンソン病の方はご自身でリズムを作ることが苦手なため、1.2..1.2..と声をかけながら介助しましょう。

そのように声をかけるだけで、安定感が増します。

 

 

 

次に、"出来ない"を"出来る"にすることを目的に行う場合、必要最低限の介助しかしません。

そのため、患者様一人一人に、そして、病態の回復具合に合わせた介助が求められます。

リハビリの人は、"出来ない"理由を評価・考察し、治療を施していく必要があります。

その中で、どうしても介助が必要になる部分だけを介助します。

 

そのため、介助する位置どりはその時々で変わってきます。

あえてリスクをとった位置で介助してみて評価したり、体調が良くなさそうであればリスク管理を重視したり、などケースバイケースです。

しかし、その位置取りしだいで、患者様の歩ける、歩けないが変わってきます。

慣れないうちはリスク管理に重点を置いて、先輩スタッフの姿をみて、色々な位置どりを学んでいければよいと思います。

 

 

色んな勉強会に参加していくなかで、リハビリでは「介助する」ではなく、「誘導している」といった観点も必要になると言っている方もいます。

簡単に”介助”といっても、実はその内容はとても深く、難しいものであるため、一度は学んでおいても損はないと考えています。

 

 

最後に少し話がそれますが、、、

対象者にとって介助をしてもらう、ということは心理的にも身体的にも安心がとても増します。

その一方、安心感があり過ぎて介助がないと歩けないといった状況になることがあります。

「あなたがいるから、歩けるのよ。」

よく聞く対象者さんの”声”です。

対象者の視界に入る位置にいるのか、横目で確認できる位置にいるのか、後ろを付いていくような位置にいるのか、はたまた、対象者との距離感はどうか、、、

立ち位置によって対象者に与える安心感は大きく異なります。

そういったことも考えながら歩行介助を行なってみましょう。

 

過介助は依存性を、産みやすいため、気をつけてください。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

この記事を読んでどう思いましたか?
↓あなたの意見を聞かせてください!↓

この記事も読んでみて!

1

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

2

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ? 課題でSOAP書 ...

3

『リハぶっく』の初投稿となるこの記事では、私が臨床の現場において、最も大切にしている 『コミュニケーション』   をテーマとしたいと思います。   こんな方におすすめ ・実習中であ ...

4

DMにて問い合わせがありました! 少し前にツイッターのDMで、   「質問して良いタイミングがわかりません。いつ質問したら良いのでしょうか?」   こんな学生さんからの素朴な疑問をいただいたきました。 ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

6

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

7

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

-よくある質問

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.