ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

デイリーノート

医療界に長く身を置くために必要なこと ”医療従事者に染まらない”

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

この記事を読んでいるあなたは、医療の世界に足を踏み入れてから何年の月日が経っていますか?

養成校時代も含めるとずいぶん長い年数が経っているのではないでしょうか。

そんなあなたへ質問です。

 

 

 

 

医療従事者に染まりきっていませんか?

 

今回は『医療従事者に染まりきる』これがどんなに怖いことか。。。という内容をまとめてみたいと思います。

前回記事にも通ずるところもあるので、そちらもよかったらご覧ください。

私の臨床感を変えた出来事~自戒も込めて~

どうも、長谷川元気です。   今回は以前担当させて頂いた患者様がふとした時に仰っていたことで、私の臨床感を思いっきり変えた出来事をまとめていきます。 その方は”当たり前”のことを、おっしゃっ ...

続きを見る

 

 

 

では、本文です。

 

世間一般的にみたら、医療の現場はおかしいことだらけです。

"普通"のことが"普通"でなくなる事が多いのです。

ここで言う"普通"は病にも倒れず、健康的な生活を送っている若い世代の人たちが送る生活をイメージしてください。

 

医療の現場で"普通"じゃないなと思う例を挙げると、

・以前の記事でも触れた自己決定権がない

・プライベート空間が侵され過ぎている

・意思決定をする際にほぼ誘導尋問のように促されてしまう

・制度だからと治療の必要性があるのに退院を余儀なくさせられてしまう

・ベッド以外の生活スペースが少なすぎて、食事やテレビ視聴などの生活をベッドでしなければならない

・定時になれば食事が運ばれてくる。例えお腹が空いていなくても

・痛いと言っても、病気だからしかたがないと思われてしまう

などなど、、、

 

挙げたらキリがありません。

これらを"普通"としてしまいがちな医療の現場で働くあなたは、もしかしたらこれらを良しとする考えに染まっているかもしれません。

 

 

この考えを主張してしまう医療従事者という衣を、あなたはどこまで厚くまとっているでしょうか??

 

そんなあなたも、制服を脱げば"普通"の人に戻るはずです。

その時に、"普通"に考えたらおかしいな、と思う行動や言動を医療の現場で行なっていませんか?

それとも"普通"がわからなくなっていますか?

(普段の生活でこんな仕打ちされたら嫌な思いをするに決まっていますよね??)

 

 

あなたが医療に従事することはとても良いことですし、他人様を考えれる素晴らしいことをしていると声を大にしても平気な職業に就いているでしょう。

 

しかし、あなたの中の『医療従事者』というレッテルが大きくなりすぎてはいけません。

医療従事者としての『あなた』だけでなく、"普通"の『あなた』をどこかで必ず持つようにしてください。

でなければ、医療従事者に染まりきってしまいます。

 

染まりきれば、世間一般とかけ離れた思考となり、時に危険な一面を覗かせてしまう結果となることが予想されます。

 

"普通"の『あなた』ってどういうことかというと、私自身で例えたら、

夫としての私、パパとしての私、子どもとしての私、男としての私、部活のエースだった私、美術の成績が万年最下位だった私、ブログを書いている私、そして医療従事者である私、など色々な私があります。

 

このように"普通"の『あなた』とは病院外での生活においてみせる"顔"のことを指します。

 

ここで、これらの"顔"をこう書き並べてみると、あることに気づきます。

それは『◯◯としての私』の枕言葉には『誰に対して』が暗に込められていることにお気づきでしょうか?

 

つまり、【私】という存在は【誰か】の存在があることで、成り立っているのです。

決して1人では【私】は成り立ちません。

 

ということは、"普通"の『あなた』を意識するためには、病院外での人との関わりが必須となります。

あなたは病院をでてから、病院職員以外の人とどのくらい関わっていますか?

医療以外の会話をどれだけしますか?

 

その相手との時間こそが、あなたが医療従事者の衣を脱ぎ去っている大切な時間なのです。

もちろん、医療のことを深く考えている時間も必要ですが、人間は1つのことに没頭しすぎると良くない結果を生み出す可能性が高くなります。

そして、成長が止まったり、思考が停止する習性があります。

 

あなた自身の成長のため、あなたを"普通"にしてくれる【誰か】を作りましょう。

そうすれば、自然と医療者従事者に染まり切らず、より患者様の立場になって、"普通"のひととして業務を行うことができるでしょう。

【誰か】は誰でも良いと思います。

親でも、子でも、友達でも、美味しいご飯でも、スポーツでも、本でも、ツイッターでも、このブログでも。

どんなものでも【誰か】となりえます。

 

 

これからも、"普通の医療従事者"として勤務して下さいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

追記

この記事を書いていて、母親の言葉を思い出しました。「自分がされて嫌なことは人にするな」

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

この記事を読んでどう思いましたか?
↓あなたの意見を聞かせてください!↓

この記事も読んでみて!

1

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

2

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ? 課題でSOAP書 ...

3

『リハぶっく』の初投稿となるこの記事では、私が臨床の現場において、最も大切にしている 『コミュニケーション』   をテーマとしたいと思います。   こんな方におすすめ ・実習中であ ...

4

DMにて問い合わせがありました! 少し前にツイッターのDMで、   「質問して良いタイミングがわかりません。いつ質問したら良いのでしょうか?」   こんな学生さんからの素朴な疑問をいただいたきました。 ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

6

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

7

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

-デイリーノート

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.