理学療法士実習で私が落ちかけた理由を解説

ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

よくある実習の悩み

理学療法士実習で私が落ちかけた理由『実習生になれなかったから』

投稿日:2020年7月30日 更新日:

 

こんな未来を想像してみよう!

自分の未来のために実習では”実習生になる”ことを目指してみよっかな!

この記事を読めばその未来、訪れちゃうかも??

 

「実習落ちたくないな、、、」

「怖いCEだったらどうしよう、、、」

「どうやったらうまく実習通れるかな?」

 

こんなことを常に思いながら通っていた実習時代。

この時期は”実習”という言葉や怖いバイザーにかき乱されて、本来の【近い将来出会うであろう患者様】の存在が、頭の片隅中のさらに片隅へ追いやられてしまいました。

そのためか、見事、実習で落ちかけるという事態に陥る結果に。。。

 

当時は”はずれ”のバイザーに出会ったからそんな結果に、、、

なんて思っていましたが、今となっては私にも問題があったなとも思うのです。

 

 

そこで、今回の記事では私が実習に落ちかけた理由として挙げた「実習生になりきれなかった」について掘り下げていきます

目的と手段をしっかりと見極めてより良い実習となるように努めてみましょう!

 

こんな方におすすめ!

  • 実習を円滑に進めたい!
  • ”実習生になる”の真意を知りたい!
  • ”実習生になる”ための方法を知りたい!

 

 

 

「実習生になりきれなかった」の真意とは?

 

後輩のフリみて我がフリ治す

昨日こんなことがありました。

 

 

 

まさに、実習生時代の私もこうだったのかなと思った事例でした。

 

当時、ちゃんと指導者の意見を受け止めていたかな?

と思い返してみると、そうでなかったことも多かった記憶もあります。

 

教えてくれた人の意見を「受け入れられない」と思うことは自由ですが、それを態度に出しちゃいけなかったなと反省しました。

自分より広い視野を持った先人に、教わっているのですから、それが”当たり前”ですね。

次回の記事は、これにまつわる『Yes,and』の精神を学んでいきますのでお楽しみにー!

 

 

 

”実習生の当たり前”ができなかった

教える-教わるの関係では、こうした”当たり前”ができていなければ、関係性にはヒビが入ります。

特にそれが学生-CEという短期間の関係性であれば、余計に修復することが難しいのです。

短期間であれば、ちょっと我慢すれば過ぎ去っていきますからね。

 

つまり、関係性がこじれたままその期間を過ごすことになるため、たくさんの誤解が生まれ、必然的に評価が下がるという結果に陥るのです。

一方で、長期間同じ時間を過ごさなければならない学校や職場などの関係性の場合は、修復しようと努力する傾向がありますよね。

 

私にはそのバイザーが求めていた”実習生としての当たり前”ができませんでした。

だからこそ、「実習生になりきれなかった」と言ったのです。

 

 

CEの思考は『論理的誤差』がある。

こうしたバイザーが想像・想定している”実習生としての当たり前”は、心理学の専門用語の『論理的誤差』と同義となっています。

論理的誤差は人を評価するに当たって、取り除かなければならない思考の一つと言われています。

 

論理誤的誤差とは?

論理的誤差とは、評価する人が複数の評価項目の間に密接な関係性があるとその人なりの論理(推論)を作り、同一/類似の評価してしまうことです。

 

例えば、

「学生さんなんだからこれはできているだろう」

「実習生さんなんだから学ぶ姿勢を示すだろう」

「私とうまくな話すことができないんだから、患者様とも話せないだろう」

などが論理的誤差に当たります。

 

 

 

論理的誤差をしているCEへの対策

これらの推論は多くの指導者が行っており、偏見ともいえるまでの考えに至っている場合があります。

この偏見によって”甘口の評価”をつけてくれるCEなら学生さんにとってはラッキーですが、”辛口の評価”を付ける方もたくさんいます。

そこで有効なのが、逆にこの推論をうまく利用することです。

 

つまり、”実習生になる”ことです。

 

そのCEの”当たり前”を把握していき、”実習生になる”ことが一番の対策なのです。

 

 

 

”実習生”になる方法

では、以下に実習生になる方法を提示していきます。

 

実習の目的と手段を再確認する

本来、実習は【近い将来出会うであろう患者様のために自分の能力を上げる】ことを目的に行くものですよね。

そのための手段として【指導者から教わるために”実習生”になる】という方法があります。

※もちろん、これだけではありません

 

この【目的と手段】の関係は必ず覚えておくようにしましょう。

特に私のように

本来手段であるはずの

【指導者から教わるために”実習生”になる】が目的となって

【課題を提出する】という手段に力を入れてしまう

というのは、おかしな話となってしまいます。

 

これがおかしくなってしまうと、努力して欲しいところと、努力しているところに差が出てきます。

つまり、CEの求める”実習生”からは遠ざかる可能性が高くなるのです。

 

そのため常に、最終的な目的を意識しておきましょう。

 

あなたにとって実習に行く目的は?

それを達成するための手段は?

 

実習に行く前にまず、書き留めておくと良いかもしれませんね。

これを見失うと、実習にいく意味が薄らいでしまいますから。

 

 

 

実習の事前準備をする

実習で使いそうな知識・技術の再確認だけでなく、実習の流れを把握しておいたり、目標を決めたり、、、

など、実習に行くにあたってできるだけの準備をしておきましょう。

知識面で良い評価をもらえれば、技術やコミュニケーションなども良いだろうという論理的誤認から評価が上がる可能性も考えられます。

 

技術やコミュニケーション能力に自信がない学生さんは、せめて知識面でカバーできるように対策しておくと良いかと思います。

なんだかんだで、「学校でこれくらいはやったんだからできるでしょう」という偏見は未だに強くありますから。。。

 

実習は事前準備から始っていますよ~!

 

☟クリックで教科書を読めます☟

 

 

 

コミュニケーション能力を磨く

指導者-実習生との間には【教える-教わる】の関係性があります。

ただ、この関係は学校のように受身でいられるものではなく、積極性が求められることになります

 

つまり”教わりに行く”のではなく、”学びに行く”ことが求められています。

そのためには指導者から教えてもらう態度・姿勢を身につけておくことが必要なのです。

そのためのコミュニケーション能力を磨いておきましょう。

 

『リハぶっく』内にはそれに関する記事がたくさんありますので、ぜひご活用ください。

例えばこれ☟

”実習生らしさ”とは?3つの習慣で高評価を得よう。
学生が求められる”実習生らしさ”を高評価にする『3つの習慣』とは?

      まずはじめに、学生さんに覚えていて欲しいことがあります。 それは、『実習地の臨床家みんなから、結構細かいところまであなたの言動は見られている』ということです。   臨床家の心理としては、 ...

続きを見る

 

 

コミュニケーションをたくさん取る

論理的誤差を解く際にはやはり”自分”を知ってもらうことも重要な事の一つです。

つまり、いかにCEに自分のいいところも悪いところも理解してもらえるだけのコミュニケーションを取ったかが、重要になってくるのです。

 

 

これは以下の記事でも触れたように、実習の要ともなりかねないものですから、積極的に行っていただきたいことの一つでもあります。

 

臨床実習でつまずく『1番の原因』と『その対策』

 

 

その他

ほかにも、チェックシートを指導者と一緒に見直し、各評価でどんな出来事があったために、この評価となっているのかをフィードバックを受ける。

指導者にとっての”実習生”がどういうものなのかを聞いてみる。

学校の先生や実習地のトップに間に入ってもらう。

などの対策ができます。

 

また、以前にその実習地で実習を行った先輩や、同じような時期に実習に来ている学生さん同士で、そのCEに関する情報を集めてみるのも有効な手です。

 

評価される前にできる対策も、評価されたあとにできる対策も合わせて覚えておくと良いかと思います!

 

 

 

まとめ

人によっては”実習生になる”ということに嫌悪感を抱く方もいらっしゃるかと思います。

実際に実習生になれなくても受かっている私がいたのですから、これが正解だというわけではありません。

 

ただ、吸収できる事、学べる範囲が少なくなる可能性が高くなるということだけは覚えておきましょう。

CEだって人間ですから、教えたくなる人にはたくさん情報を渡しますが、そうでない人には最低限となることもあるでしょう。

 

これはどんな社会でも共通のことかと思います。

「学ぶ意思がないなら、学ばなくて良い」

そう思われたら、そこまでですからね。

学生さんが考えているほど、社会は甘くないのです。

 

実習は学生さんにとって、”積極的に学ぶ”ということを初めて経験する場であることも少なくありません。

社会経験の一つとしても重要なものです。

ぜひ、実習という機会で『誰のために勉強しているのか』についても考えてみると良いかと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-よくある実習の悩み

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.