ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

臨床でも役立つ知識

そうだ、成功体験を活用しよう。

投稿日:2018年3月21日 更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

今回は、患者様の自信をつけるために必要な

 

「成功体験」 

 

についてです。

あなたは上手に使えていますでしょうか?

成功体験そのものはとても大切で、効果の高いものです。

それゆえ、使い方を誤ってしまうと大変なことにもなりかねません。

リスク面を知った上で、活用していきましょう。

 

 

そもそも患者様は入院するくらいの容態になっているときには、体力や筋力がすでに落ちています。

中には、身体が思うように動かなくなっている方もいるため、日常生活動作が自己にて "できない" ことが増えてしまうのです。

 

そこでリハビリをし、体力や筋力がついていくと、身体が動けるようになります。

すると、 "できる" ことが増えていきます。

最初は"助けてもらわないとできない" ことが、徐々に"自分一人でできる" 状態へとなっていくのです。

この、"できない" 状態から "できる" を体験することを「成功体験」と言います。

 

 

成功体験をすることで、身体が回復している・元気になってきているという自信につながります。

また "できない" という絶望の淵から "できる" という希望に変わることで、活動意欲が高まり離床へのきっかけともなります。

 

 

本来でしたら、リハビリの中ではこのような流れを期待して、成功体験を繰り返し行い、身体機能を上げていくことが理想です。

 

 

しかし、患者様にとっては一つの成功体験から、"できる" と思い込んでしまい、次の段階へ勝手に進んでしまう方がとても多いです。

いわゆる、お調子者 と呼ばれる方です。

良かれと思って自己判断したことというのは、実は他人からの評価とはかけ離れていることも多いのです。

特に入院されている方は、この評価の差が大きく開いていることがしばしばです。

元々”できた”方も多く、自分の良いときのイメージが残っているためです。

”できる”と思ったことが"できなかった" 結果、怪我をしてしまった・容態が悪くなってしまった・退院までの期間が延びてしまった、ということは少なくありません。

 

 

これを回避するためには

・会話の中で「今は多くの条件を設定した中で行った場合にのみ "できる" 」と念を押す。

・成功体験だけでなく失敗体験も混ぜる。

・あえて”できない”ように環境を整える。

 

などの工夫をする必要があります。

それでも、危なそうだなと思う方はご家族や看護師さんとも連絡を密にしましょう。

 

 

起き上がれるようになった。

立てるようになった。

歩けるようになった。

 

嬉しいことですよね。

しかし、身体機能が上がってきている、または、上がりたての方は特に注意が必要です。

 

 

ただし、勝手に動いてしまうことが、一方的に悪いとは言い切れません。

患者様の目線から考えると、"できない" ことは相当なストレスであります。

特に病態により急に "できなくなってしまった" 方にとっては、今まで "できていた" ことは当たり前に "できる" と思うのも当然なことです。

"できない" という絶望から解放されつつある状態では、自分の能力を過信してしまってもおかしくない状態だと考えられます。

 

医療の世界ではそのことを「障害受容」ができていない状態と呼びます。

メンタルのケアも合わせて、患者様の立場にも立ちながら上手く成功体験をコントロールし、身体機能の向上に努めましょう。

 

 

長文失礼しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.