ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

実習㊙テクニック

実習が上手くいかないと感じているあなたへ。

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

 

今回はこのスレッドについて深く掘り下げていきます。

 

 

実習生さんの中には、なかなか実習が上手くいかなくて悩んでしまう方も多くみられています。

 

 

そもそもここでいう”上手くいかない”というのは、なにが”上手くいかない”ことを言っているのでしょうか。

患者様との関わりに悩み、上手くいっていないのか、、、

レポートの進み具合に悩み、上手くいってないのか、、、

バイザーとの関わりに悩み、上手くいっていないのか、、、

はたまた、それ以外なのか。

 

私の経験的には、多くの学生さんにとって上手くいかないと感じるのは、主にバイザーとの関係性が影響していると言えます。

患者様のことで悩んでも、自分自身の知識不足に悩んでも、バイザーがそれを補って実習を円滑にしていく、、、というの本来の関わり方です。

ですから、その関わりが円滑に行なえてさえいれば、多くの場合それらの悩みもすぐに解決でき、悩む心配がなく実習を進めることができます。

しかし、バイザーのサポート体制が実習生の思っているものと違ったり、そもそも補えていない現状があります。

 

そのときに実習生は上手くいっていないと感じることが多いようです。

こう感じてしまうと、焦りもあいまってか、なにをしても中途半端なものが提出されてくることもあります。

 

 

 

では、実習を上手くいかせるため、つまりバイザーとの関わりを円滑にするために、実習生ができる対策としては、どんなことをすればよいのでしょうか。

 

バイザーに変わってもらう?

それはなかなか現実的ではないですよね。

 

このように、上手くいかなくなった原因…

バイザーのせいにしていませんか?

 

それではなんの解決にもなりません。

他人を変えたければ、自分が変わらないことには始まりません。

 

もう一度、自分の実習態度を振り返ってみましょう。

 

 

ただし、 振り返るのは、一点。

 

 

 

それは、

『バイザーとどれだけ会話をしたかな?」

これだけで大丈夫です。

 

 

これだけを振り返りましょう。

 

うまくいっている実習生さんほど、バイザーとたくさん会話をしています。

一方、実習がうまくいっていない学生さんは、バイザーと会話をしていないのです。

 

『会話』というのは、バイザーからも、実習生さんからも、両者の意見が交換されている状態のこと。

バイザーからの一方的な指導のみ、それは『会話』ではありません。

この『会話』が成立したとき、"実習がうまくいっている"と自覚することは間違いありません。

 

だって、それが担当させて頂いた患者様を把握するための一番の近道なのだから。

 

 

あなたの浅い知識から生まれた考察よりも、ずっと広く深く考察された知識をバイザーから聞きだすためには、『会話』が必須です。

一人で悩んでいる時間がもったいない。

先人の知恵を、どんどん真似していきましょう。

どんどん吸収していきましょう。

それが学生の特権です。

 

 

 

ただ、急に会話をしろと言われても、どうやっていいか分からないと言うのが、最近の実習生とのこと。

 

そんなあなたへ。

バイザーに授業の苦手な分野を告白してみましょう。

そして、その分野に関連した評価が現時点でどれだけできているのか、バイザーに聞いてみましょう。

 

苦手な分野があればあるほどいいですね。

その数が話題の数にもなるし、会話の量にもなる。

さらに、苦手な分野が臨床でどういう形で反映されているのかを知ることができます。

そして、極め付けは苦手な分野をどう攻略していくかのヒントも得られます。

 

・・・こんないい話題が他にあるだろうか?

と私は思います。

 

あくまで私見なので、他にも突破口があるでしょう。

なにかしらのきっかけを作って、ぜひ、患者様とだけでなく、バイザーともしっかりと会話を積んでいきましょう。

 

実習が上手くいくことを祈って。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

この記事を読んでどう思いましたか?
↓あなたの意見を聞かせてください!↓

この記事も読んでみて!

1

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

2

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ? 課題でSOAP書 ...

3

『リハぶっく』の初投稿となるこの記事では、私が臨床の現場において、最も大切にしている 『コミュニケーション』   をテーマとしたいと思います。   こんな方におすすめ ・実習中であ ...

4

DMにて問い合わせがありました! 少し前にツイッターのDMで、   「質問して良いタイミングがわかりません。いつ質問したら良いのでしょうか?」   こんな学生さんからの素朴な疑問をいただいたきました。 ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

6

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

7

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

-実習㊙テクニック

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.