ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

バイザー初心者

バイザーの役割とは。あなたができるたった1つのこと。

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。

 

現役病院勤務の理学療法士をしています。

 

 

 

当サイトは主に

 

・実習生のスキルアップ

 

・セラピストのキャリアアップ

 

を目的としたサイトです。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

 

よく更新しますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

 

 

「実習辛い?そうだよね。おれも散々苦労したからなぁ。一緒に頑張ろうね。」

 

 

 

そんなこと言ってるバイザーがいたことをふと思い出しました。。。

 

その時は【共感】してくれていると思って優しいな〜

なんて思っていました。

 

でも、指導する立場になった今となっては、、、

 

 

「いやいや、じゃあその辛さを味合わせないように、臨床の面白さを伝えるのがバイザーの役割でしょ!」

 

 

そう思ったのです。

 

なぜ負の記憶を下の代にも連鎖させようとしているのか。

例え、この発言をした指導者にその意思はなくても、未来のセラピストのためを本当に想うなら、どうしたら、臨床が、この仕事が面白いと興味をより強く抱いてもらえるのかを考えて指導にあたる必要があります。

 

本来、実習を辛いものにしているのは、バイザーである指導者であって、実習そのものが辛い訳ではないです。

そんなバイザーがいるから、実習=辛いというステレオタイプを生む。

 

ただでさえ、臨床の意識が低いセラピストの卵が増えている中、さらなる意識の低いセラピストを生まないようにするためにも、しっかりとあなたが感じている臨床の、仕事の面白さ、素晴らしさを実習を通じて伝えられるようにしてみて下さい。

 

 

 

「辛い思いをした→みんな辛い思いをしたんだよ。」

 

じゃなくて、

 

「辛い思いをした→じゃあ、下の世代にはそんな思いをさせないようにしよう。そのためにはどうしたら良いのかな??」

 

と考え方を変換してみて下さい。

 

 

 

この記事を書いていて分かったことがあります。

それは、この考え方はどこかリハビリテーションの考え方と似ている部分がある、ということです。

 

『ある目的のために"どうしたら、達成できるようになるのか"を考える。』

 

まさにリハビリテーションを提供して、対象である患者様が"家に帰るためにどんなことができるのか"を考える考え方と同じといえませんか?

こう考えればバイザーとして学生さんに指導するのも、患者様にリハビリテーションを提供するのも思考の過程は同じなのです。

 

 

あなたが嫌だなと感じたことを、後輩にも味わって欲しいですか?

そんなわけないですよね。

 

負の感情は負の連鎖しかもたらしません。

今ここで、あなたの考え方がかわり、その指導を受けた学生さんが臨床へ出てきたとき、あなたがしてきたことの正しさが証明されるでしょう。

 

 

どうせ私1人がそんなに頑張っても…

 

そんなことありません。

 

 

 

あなた1人の行動は、指導された学生さんを通じて、学校の友達や先生、また、同期や先輩、後輩、さらに職場の人にまでも影響が波及されます。

 

「今回の学生さんは生き生きしてる」

 

誰かがそう思ってくれたら、あなたの勝ちです。

あなたの指導が学生さんをそうさせているのです。

 

 

実習=辛いというステレオタイプはもう捨て、古い過去としましょう。

それが指導者、バイザーとしてのあなたの責任です。

 

さぁここまで読んだあなたがすることはただ一つです。

あなたが指導する学生さんに、あなたの感じたセラピストの魅力を存分に堪能させてあげましょう。

未来の価値あるセラピストのために、それが、あなたにできるただ一つのことです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

この記事を読んでどう思いましたか?
↓あなたの意見を聞かせてください!↓

この記事も読んでみて!

1

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

2

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ? 課題でSOAP書 ...

3

『リハぶっく』の初投稿となるこの記事では、私が臨床の現場において、最も大切にしている 『コミュニケーション』   をテーマとしたいと思います。   こんな方におすすめ ・実習中であ ...

4

DMにて問い合わせがありました! 少し前にツイッターのDMで、   「質問して良いタイミングがわかりません。いつ質問したら良いのでしょうか?」   こんな学生さんからの素朴な疑問をいただいたきました。 ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

6

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

7

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

-バイザー初心者

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.