プラセボ効果とハロー効果を応用することで課題の評価を提出前からよくする方法

ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

実習で成果が出る知恵

課題の良し悪しは”提出前”に決まる!~プラセボ効果とハロー効果の応用~

投稿日:

 

こんな未来を想像してみよう!

課題提出後のフィードバックが変わりました!

この記事を読めばその未来、訪れちゃうかも??

 

 

「自信がないのですが、レポート書きましたのでご確認ください。」

「一応、こんな感じに仕上がりました。」

 

 

実習生のころ、こんな発言をなんの気なしにしていた私。

よく怒られてたなーと思いつつ、CEという立場になって思うことは、

「”自身がないのですが”とか”一応”などの自分を下げるような発言をするのはもったいないな」

ということです。

 

せっかくいい提出物も、それらの枕詞があるゆえに色あせてしまいます。

そこで、今回の記事では課題提出の際に気をつけたい”プラセボ効果”と”ハロー効果”を応用することで、印象を大きく変える技術についてシェアしていきます。

 

言葉の力をうまく利用して、バイザーを印象操作をしていきましょう!

 

こんな方におすすめ!

  • CEとの関係性を良好にしたい!
  • 課題で出したものをしっかりと評価してもらいたい!
  • 提出物に自信が持てない!

 

 

 

印象がいいのはどっち?

 

①「あまり自信がないのですが、ご確認いただけますか?」とおどおど提出する

 

②「頑張ってまとめてきました。ご確認いただけますか?」と胸を張って提出する

 

もしあなたが課題の提出物を受け取る際、相手から言われてすぐに確認してみたくなるのは①or②どちらですか?

また、しっかり読んで、フィードバックしたいと思うのはどちらですか?

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですよね。

 

①では

「自信作を出して欲しいのにな、、、」

「自信がついてから提出でいいよ、、、」

なんてことを思う人も中にはいるでしょう。

 

 

一方の②では

「頑張ってくれたんだね!」

「どんなものができたんだろう?」

と興味もそそられてきます。

 

つまり、たった添える一言、ちょっとした枕詞一つ、そしてそれを言う姿勢一つで、その提出物の輝きが異なってくるのです。

今回はこれを心理学で使われる『プラセボ効果』『ハロー効果』という用語を使って説明していきます。

自ら提出物の評価を下げている可能性があるということには気をつけたいところですね!

 

 

『プラセボ効果』『ハロー効果』とは?

『プラセボ効果』とは

プラセボ効果とは、薬だと信じ込むことによって何かの改善がみられてしまうことです。

偽薬効果とも呼ばれています。

 

要は”思い込み”のことを指しています。

医療従事者ならこれはお馴染みのものかと思います!

 

 

『ハロー効果』とは

『ハロー効果』とは、心理学の用語で、評価する対象が持つ目立った特徴に引きづられて、ほかの評価が歪められてしまうことをいいます。

 

例えば

”あいつは東大の出身だから仕事ができるだろう”

のようなことです。

 

つまり、その人の突出した 良い/悪い 点に引きづられて、ほかのことまでもその評価となってしまうことがあるのです。

就活の際によく話題に挙がる”学歴差別”なんかも、ハロー効果が元となって起こっている問題の一つですね。

 

 

 

『プラセボ効果』『ハロー効果』を応用して評価を上げる

実習は指導者の受ける印象で評価が変わる

一般的に、これらの心理用語は会社の人事評価のときに評価する側が”気をつけたいところ”として挙がります。

というのも、これらの効果は非常に強い働きがあるため、これらを排除しなければ真っ当な評価をすることができないのです。

 

 

ただ、逆に言えば、これをうまく利用していくことで、”評価が上がる”ということにもなるのです。

実習の評価なんて会社の人事評価ほど厳しくもないため、指導者の受ける印象で、評価の差が大きく出る可能性が高いですからね。

 

 

『プラセボ効果』『ハロー効果』の応用例

では、実際にどんな工夫をしていけばよいのかを説明するために、上で挙げた例を解説していきましょう。

 

①「あまり自信がないのですが、ご確認いただけますか?」とおどおど提出する

 

これでは、”あまり自信がない”という枕詞ゆえに、マイナスな印象から入ることになります(プラセボ効果)。

さらに”おどおど”した姿勢からもマイナスな印象しか受けませんよね(ハロー効果)。

 

そのため、指導者の心理としては、

「この提出物はあまりいいものではない」という認識のもと読み始めることとなります。

 

 

 

②「頑張ってまとめてきました。ご確認いただけますか?」と胸を張って提出する

 

これは、”頑張ってきました”という枕詞があるゆえに、プラスな印象を与えることができます。

つまり指導者が「これは頑張ってきてくれたものなんだな」と思い込むことになります(プラセボ効果)。

 

そして、”胸を張って”言う姿勢もプラスの印象を与えています。

つまり、提出物が”自信を持っているもの”としての認識で受け取ってもらうことができるのです(ハロー効果)。

 

そのため、この例では

「提出されたものはいいものである」という認識で読み始めることができるのです。

 

この差はとても大きく、あなたが受けるフィードバックや評価にも大きな影響をもたらします。

そのため、提出前から課題の評価が決まってくるといっても過言ではないのです。

「良くないもの」として読むのと、「良いもの」として読むのでは、評価が大きく変わってくるというのは、明らかですよね!

 

 

 

『プラセボ効果』『ハロー効果』を応用する際の注意点

ただ、『プラセボ効果』『ハロー効果』を応用して印象を操作する際に、注意しておきたい点があります。

 

それは、過度にアピールしすぎることは良くない結果を生むということです。

 

どういうことかというと、

提出物の内容があなたの操作した印象とあまりに大きな差がある場合、それは”虚言癖”というレッテルを貼られかねません。

 

提出物をよく見られたいからといって、全然終わることができていないにもかかわらず、これらを応用してプラス面ばかりを強調されても指導者だって困ってしまいます。

学生さんには”とりあえず”でも、”途中”でもいいから、決められた期限には必ず提出して欲しいのですが、その際の態度には十分配慮してください。

 

 

また、日本人特有の心意気として”謙虚さ”が挙げられているために、一旦提出物の印象を下げて、読んでもらった時の完成度の高さからのギャップから高評価を狙う人もいるようです。

しかし、それを毎回のように使っていると、”謙虚さ”とは違う印象として捉えられてしまいます。

 

そのため、過度に応用するのはおすすめしません。

 

何事も適度が一番!

 

 

 

まとめ

このように、提出物は”提出前のあなたの言葉や姿勢”から大きな差を生んでいる可能性があります。

今回の記事では”応用”として紹介しましたが、多くの学生さんは無意識に自ら評価を下げるような言動をとってしまっています。

 

とってももったいないと思います。

不安なのはわかります。

ただ、せっかく頑張って出すのですから、ちょっとした発言や癖などで、損な結果を招かないよう、こうしたことにも気を遣って実習ライフを謳歌していきましょうね!

 

臨床実習学生におすすめの教科書

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-実習で成果が出る知恵

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.