医療従事者におすすめの積読を未然に防ぐ方法

ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

臨床でも役立つ知識

【医療従事者におすすめ】医療系専門書の積ん読を未然に防ぐ方法とは?

投稿日:

 

こんな未来を想像してみよう!

むやみに書籍を買わなくなりました!

この記事を読めばその未来、訪れちゃうかも??

 

「せっかく買ったのに読んでないな、、、」

「買ったはいいものの、読む時間ないな、、、」

「いつの間にか本の山ができてるな、、、」

 

ふと、部屋を見渡した時にこんなことを思うことありませんか?

ついついやってしまう『積ん読』

 

その気はなくとも、なぜか本の山が築かれていくんですよね。

特に医療系の専門書は一冊の値段もお高いため、精神的なダメージも負うことになりますよね。

 

「このお金があったら、、、」

なんて思うこともしばしばです。

 

そこで、今回の記事では積ん読を未然に防ぐための方法を提示していきます。

これを実践してみて、むやみに専門書を買いまくらないようにしていきましょう。

そして、浮いたお金は他の書籍購入へ関心を向けてみてくださいね!

 

こんな方におすすめ!

  • 積ん読を未然に防ぎたい!
  • 積ん読にならない方法を知りたい!
  • なぜ積ん読になってしまうのか原因を知りたい!

 

 

 

 

医療系の参考書が積ん読になる理由

 

みんなしている『積ん読』

あなたには読まずに積んである本、いわゆる”積ん読本”が何冊くらいありますでしょうか?

 

私は、、、6冊かな 笑

 

気になったので、アンケートも取っちゃいました 笑

 

みなさん、結構あるんですね~笑

 

 

本だけに限らず、食べ物や服においても、”なぜか買っただけで満足してしまう現象”は多くの方が経験していますよね。

それが本で起きてしまった場合、結果として『積ん読』という状態に陥ってしまいます。

本当に不思議ですよね。

興味があって買ったはずなのに、手元に届いた途端に興味が薄らいでしまうのですから。。。

 

 

 

とっつきにくい本は積ん読になってしまうのが宿命。

では、なぜ『積ん読』という自体に陥ってしまうのでしょうか?

 

よくあることとしては、、、

表紙やタイトル・評判をみて「いいなー!」と思って中身を見てみたら、読みづらすぎてがっかりすることって結構ありますよね。

特に医療系の参考書は”いかにも専門書”らしいものばかりで、デザインよりも内容重視であるものも少なくありません。

そのため、初学者にとってはとっつきにくいものも多い印象です。

 

そんなとっつきにくい本は積ん読になってしまうのが宿命ですよね。

その内容の濃さから、読んでも読んでもなかなか理解が進まず、ページをめくる手のスピードもどんどん遅くなっていきます。

これが、専門書が積ん読になる一つの原因です。

 

 

読んでいる時間がないため積ん読になっていく

また、臨床での疑問を解消するために、今すぐに知識が欲しい場合は読まざるを得ないので、積ん読になることは多くの場合でありません

ですが、”今後のために”と思って買った本はついつい後回しにしがちになってしまいます。

 

特に、すごく興味があるわけではないけれど、

「有名な人がおすすめしてたから、、、」

「あの人がおすすめしてたから、、、」

「話題になっていたから、、、」

など、買う目的がすぐに臨床へ反映できる知識でない場合は、自分の時間を優先してしまいがちです。

もっと先に学んでおく必要のあるものが臨床にはありますからね。

 

結果として、”後々読もう”がつもりに積もって『積ん読』になっていくのです。

 

 

つまり、積ん読になってしまう原因としては、

【興味の深さ】

がキーワードとなってくるのです。

 

今思えば一冊何千円もするのにもったいないですよね。。。

 

 

積ん読対策『一般書を活用しよう』

そこで私がおすすめしたいのが、一般書を活用することです。

 

専門職の人が一般書を読むメリット

一般書は専門的な知識を誰もがわかりやすく、比較的安価に手に入れることができます。

少し古いものであれば図書館でも手に入れることすらできますよね。

 

そのため、専門書に入る前に興味を掘り下げるための入門書として活用することができます。

すなわち、学生さんや初学者、新しい分野にチャレンジしようという方にとっては、【まず一般書で興味を広げてから、専門書でより深める】のような流れで学んでいけば、積ん読にはなりにくいです。

 

もし、一般書を読んだ段階で、その分野への興味が高まらなかったら、すぐに売ればいいのです。

そうすれば、専門書よりは金銭的なダメージも少なく済みますよね。

 

医療系の一般書はたくさん出版されているため、いろんな著者からの視点で知識が入り、専門書にはない面白さを感じますよー。

 

 

また、専門書で使うような難しい言葉では、患者・利用者様に説明する際に伝わらないこともしばしばです。

そんなときは一般書でどう使われているのかを知っておくことで、説明する際の準備にも活用できます

 

 

一般書にはこうしたメリットもあるため、専門書に入る前に読んでおいて損はないと思います。

ふとしたときに高まってしまった気持ちは、一旦一般書でクールダウンしよう!

 

 

専門職の人が一般書を読むデメリット

ただ、医療従事者として、一般書だけで完結しないようには心がけておきましょう。

一般書なので、ものによっては過剰な演出で不安を煽ったり、古いデータを引っ張り出してきている場合も少なくありません。

それゆえ、それらの知識をそのまま治療介入に反映させてしまうのは、国家資格者としてはプロ失格

医療業界に身を置く人は、”現時点で科学的に正しいとされている”知識を行うことが求められていますからね。

 

もし、一般書を読んで興味が広がった際には、専門書へ移行をしましょう。

そうして”現状で正しいとされる知識”をさらに深めていくのです。

 

流行りものに飛びつくミーハーな人とならぬよう気をつけましょうね!

 

 

療法士の方におすすめの一般書

以下の記事に、ここ2年くらい毎日1冊ずつなにかしらの一般書を読んだ私がおすすめの本をご紹介いたします。

まずは興味を広げたいなーと思う分野のものを覗いてみてくださいね。

理学療法士おすすめの臨床で役立つ一般書まとめ
【2020年最新版】理学療法士おすすめの”臨床に役立つ一般書”まとめ

    「専門書って難しくてとっつきにくい、、、」 「専門書って全部読みきれない、、、」 「買ったはいいものの、読んでない本がたくさんある、、、」   こんな状況に至っている医療従事者も多いのではない ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

積ん読はその分野への【興味の深さ】によって起こる場合がほとんどです。

つまり、積ん読を増やさないためには興味を掘り下げた段階での書籍購入を検討することが望ましいと考えられます。

興味の掘り下げ方はたくさんあると思いますが、今回は”一般書を活用する”ことで、深めていく方法を提示しました。

 

ぜひご活用していただき、家中が読んでない本だらけにならぬよう対策していきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうごさいました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.