ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

よくある実習の悩み

実習がつらいなと感じたあなたへ。指導者からの大切なメッセージ。

投稿日:2019年8月26日 更新日:

日曜日の朝、こんなツイートをしました。

 

 

今回はこのツイートに関して、これにまつわる私の過去を絡めて深く触れていきます。

実習生にとって、『実習』というものを考えるきっかけになるといいな、と思いながら綴っていきます。

 

 

ちょっと宣伝。

私はこの記事に興味をもった学生さんにこそ、この本をおすすめしたいです。

医療者としても持っておきたい視点だけでなく、学生さんが学生時代を有意義なものにするために知っておきたい知恵が詰まっています。

私が伝えたいことの多くがここに集約されていると行っても過言ではありません。

すぐ読めちゃう内容なので、時間みつけて読んでみてね。

 

 

 

 

実習は精神的につらいものだった

私が学生だったころ、実習期間中の休みの日も朝から晩までかかるような課題を課されていた。

 

「明日明後日が休みなんだから、ここまでは出来るよね?」

「課題の質によって、来週のやることが変わるから、ちゃんとやってきてね。」

 

指導者にこう声かけられることもしばしばだった。

 

課題のためだけに過ごす休日。

課題をこなすためにPCと向き合わなければならない休日。

私はたまらなく嫌だった。

 

 

だからあるとき、課題もやらずに部活へ顔を出すことにした。

親からは心配された。

だけど私は、外へ出たんだ。

 

部活は普段と変わらず活気や笑顔に満ちていた。

夏の時期だったにもかかわらず、グラウンドでは後輩たちが元気に走り回っていた。

雲一つない、青々としたいい空だった。

私はひたすらに身体を動かし、ひたすらに汗をかき、ひたすら笑った。

そんなことをしていたら、一日があっという間に過ぎていった。

 

「こんな楽しかったんだ」

 

好きなことに熱中するって、こんなに楽しいものだと、改めてそこで感じたのを強烈に覚えている。

 

 

 

部活から帰ると、待っていたのはやはり課題だった。

なにもやってない、絶望感と焦燥感。

はぁ。。。

一気に現実に引き戻された気分だった。

 

と、同時に実習を楽しめていない自分に疑問を持った。

 

『試合に勝つ』ことを目標に練習する部活 と 『理学療法士になる』ことを目標に参加する実習。

なにが違うんだろう?

 

目標があるのにも関わらず、一方は楽しみながらでき、もう一方はつらいと嘆きながら行っている。

むしろ、今後のことを考えたら、圧倒的に大事なのは後者であるのにもかかわらず。。。

 

その時はこれ以上悩んでいる時間はないと考えるのを辞めてしまい、課題に取り掛かった。

(もちろん課されたところまでは終わる訳もなく翌日は大変怒られました 笑)

 

 

 

指導者になって気づいたこと

あれから何年も経ち、私は実習指導担当となりました。

何人もの学生さんを相手にすることで、未だに多くの学びを得ることができています。

 

そのなかでも衝撃的だったものがあります。

それは、《指導者側からすると、学生さんに課題を課すことが”簡単”にできてしまう》ということです。

学生時代あれだけつらかった課題は、出す側からするとほんの些細な一言でできてしまうんだと、恐ろしさすら感じました。

 

その一言でどれだけ学生時代苦しめられたか、、、

私はこの経験があったので、なるべく私の口からは課題を出さないようにしています。

 

だって私が実習で伝えたいのはそこじゃない。

 

私が伝えたいのは、ただ一つ。

【理学療法士ってこんな素晴らしく楽しい職業なんだよ】

これ以外にはないのです。

 

もちろん、この素晴らしさや楽しさを知るためには、それ相応の知識や経験が必要です。

だからこそ、私は実習生がそれらを自発的に取り組んでもらえるように、タネを蒔き続けている。

 

この学生さんは、どういった言い方をすれば、自発的に勉強してくれるかな?

どんな経験をすれば、自発的に実習に取り組んでもらえるかな?

 

そんなタネを要所要所で蒔き、いつか芽吹いてくれると信じて実習を過ごしてもらっています。

なにがその学生にとっての”水”となるのかわからない。

これをみつける面白さ、そしてみつけた時の嬉しさといったら他にはないのです。

 

 

このツイートでも触れたように、私は経験上、理学療法士の楽しさを伝え、共有することで学生さんのやる気スイッチが押されると考えています。

ほかの方もそうなのかな?

下のツイートには多くの反応がありました。

 

 

 

実習がつらいなら、なおさら考えてみて!

実習がつらい時、私は無理やり自分の気持ちを押し殺して、耐えて過ごしました。

だけど、せっかく私と出会ったのであれば、それで終わって欲しくない。

 

なんで実習に来ているの?

なんで実習で課題を行うの?

なんで実習で勉強するの?

 

なんで理学療法士になろうと思ったの?

なんで?

なんで?

 

 

そんなことをもう一度考えてみて。

勉強することはつらいよね。

私もつらかった。

でもね、それは臨床にいけばそうとは感じなくなった。

 

知識は臨床を楽しむために必要になってくる。

勉強するのがつらいのではなく、勉強しないとつらい想いをするのを知るんだ。

 

だったら知識を付けて、楽しんだほうがいいよね。

せっかくこの世界に入って、何年も身を染めることになるんだし、楽しまなきゃじゃない?

 

 

せっかく実習に行くんだったら、楽しんだほうが私はいいと思うよ。

臨床で楽しむためには、実習での勉強もとっても役に立つから。

ね!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

3

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

4

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

5

どうも、長谷川元気です。   私は主に実習生の指導担当(スーパーバイザー)をすることが多いのですが、その時によく聞かれる質問について答えていくシリーズを配信していきたいと思います。 &nbs ...

-よくある実習の悩み

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.