『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』の評価と感想

ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

臨床でも役立つ知識

【理学療法士推薦】『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』の評価と感想

投稿日:2020年8月14日 更新日:

 

こんな未来を想像してみよう!

医療・介護・福祉従事者として、”プロ”となるための心がまえを知ることができました!

この記事を読めばその未来、訪れちゃうかも??

 

 

「医療・介護・福祉従事者のプロってどういう人のことをいうのかな?」

「医療・介護・福祉従事者の存在価値ってなに?」

「医療・介護・福祉従事者の”これから”ってどうなるのだろう?」

 

 

 

時々不安になることがあります。

自分の選択した道に。

 

 

 

そんな時に出会った『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』という一冊の本。

私はこれを読んで、プロとしての自覚が与える影響の大きさを学ぶことができました。

そこで今回はこの一冊の魅力をお届けしていきます。

プロとしての心意気を感じて、あなたも”これから”の未来を創っていきましょう!

 

 

 

 

こんな方におすすめ!

  • プロとしての自覚を持ちたい!
  • 医療・介護・福祉のプロが与える影響力を知りたい!
  • 地域包括ケアシステムの中で活躍する方法を知りたい!

 

 

↓↓書籍を少しでも安く購入したいという方はこちら↓↓

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

 

 

 

『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』の評価

 

『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』について

日本一の義肢装具メーカー『川村義肢株式会社』の社長 川村慶 さんが”ぜったいにあきらめない”社員たちの自由な発想、心のこもったお客様対応、妥協を許さない職人魂を紹介していく一冊です。

 

例えば、義肢装具には

制作の時間がかかる

コストがかかる

などの問題が”当たり前”である風潮があります。

それに対して、疑問を持つ社員たちの葛藤、抗いなど、実際の内部でどんなことが起こっていたのかが描かれています。

 

またこの本では、そういった情熱や想いが”自分だけでなく他人をも動かす”という例として、この会社が中心となって大阪府大東市の地域包括ケアシステムが成り立っていく様子も描かれています

 

なぜ川村義肢株式会社が日本一の義肢装具メーカーとしてその名を広げていったのか。

その”プロ意識”に触れてみましょう。

 

 

 

著者の 川村慶 氏について

川村義肢株式会社・パシフィックサプライ株式会社代表取締役

一般社団法人日本車椅子シーティング協会初代代表理事(現・副代表理事)

一般社団法人日本福祉用具・生活支援用具協会副会長

財団法人日本障害者スポーツ協会科学委員

盛和塾北大阪塾生代表世話人

大阪府倫理法人会副会長

 

 

『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』の総評

今は激動の時代です。

果たして、私の選んだ療法士という職業はこれからどうなるのでしょうか。

地域包括ケアシステムという仕組みを達成するために、我々が考えなければならないことはなんなのでしょうか。

我々が今できることはどんなことでしょうか。

 

 

”ぜったいにあきらめない”という想いが、しっかりと形として、結果として、クライアントの笑顔として、現れることを目の当たりにすることで、たくさんのことを考えさせられた一冊となりました。

他者の成功の影にある”正しい努力”を知ると、自分がたどるべき努力の方向性がみえてきますね!

ぜひプロ意識を高めたい方はこちらを参考にしてみてください。

 

こういった内容の本は『どう自分に反映できるのか』、という視点で読み進めても面白いことに気付けるかと思います!

 

 

 

『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』の感想

以下にさらに詳しく、私が熟読してみた感想をまとめていきます。

 

内容が熱い

正直、最初に表紙を目にしたときは「これは、、、」と読むのを躊躇してしまいました。

というのも、タイトルの長さ、表紙の雰囲気、ほかもろもろを見て、『読むに値しない本』のパターンだと感じたからです。

本当にすみません!!

 

しかし、何か感じたものがあったのか、読み進めることに。

すると、表紙の雰囲気とは一転。

その内容の熱さに驚きました。

プロとしての想いや結果をみごとに感じることができたのです。

 

プロの心意気に触れるのは、やはり気持ちがいいものですね!

とても勉強にも、刺激にもなります。

 

なんとなくまだ医療従事者として、療法士としての自覚が定まっていない方や、正しい努力の方向性を見失っている方におすすめです。

 

少し経験を積んだ臨床家にとっても、原点回帰をし再発起するきっかけともなるかと思いますよ!

 

 

 

義肢装具士の世界を知ることができる

同業種とはいえ、理学療法士とあまり深く接する機会が多くない義肢装具士さんの職種理解にもつながる一冊でした。

 

義肢装具士さんは理学療法士同様、身体機能を上げるという意味で、同じ方向を向いている職種でもあります。

そして、AIの進歩と共に、これからますますその活動範囲が広がっていき、もっと接点が増える職業の一つかと思っています。

そのため、今回この本で義肢装具士さんの考え方に触れることができてよかったと感じています。

 

義肢装具が、その言葉から連想される”サポート”という役目以上の力を有しているのは、もうパラリンピックをみるとわかると思います。

人間本来が持つ機能以上の機能獲得をすることができる義肢装具。

これからの分野として、着目しておきましょう!

 

オリンピック・パラリンピック前に、この世界を知っておくとより楽しめるのでは?と思いました!

 

 

 

 

地域リハビリ発祥の地である大東市のことを知ることができる

この本の著者が代表取締役を担う日本一の義肢装具メーカー『川村義肢株式会社』は大阪府大東市にあります。

大東市は地域リハビリの発祥の地としても有名で、厚生労働省のHP(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000139053.pdf)でも最近の動向が着目され、掲載されています。

 

大東市の市民が行う取り組みは、まさに地域包括ケアシステムの成功例です。

医療・介護・福祉・行政・民間だけでなく企業もその中に入り、住民の生活を支えています

そこの中心にこの川村義肢装具株式会社が携わっていることにも本書では触れています。

つまり、地域包括ケアシステムの成功例をプロセスの段階から知ることもできる一冊なのです。

 

企業としての地域包括ケアシステムへの関わり方を知りたい方にもおすすめです!

 

 

 

 

『不自由を自由に変える魔法の仕事 大阪府大東市。日本一の義肢装具メーカーの挑戦』のプロフィール

著者:川村慶

出版社:PHP研究会

発売日:2019年6月28日

ページ数:240ページ

カスタマーレビュー:4.5(5.0満点中)

目次:以下のAmazonのリンクより可能です。

 

 

 

まとめ

あまりこの本のレビューをしているサイトは見ないので、手に取る際は多少不安に思うかもしれません。

しかし、内容としてはとても興味深く読み進めることができるものとなっています。

 

プロ意識を高めたい方、

その熱量を正しい方向性に導きたい方、

義肢装具士のことを知りたい方、

地域包括ケアシステムの成功例を知りたい方など、

いろいろな範囲の興味を深めることができる一冊です。

 

ぜひ、この本を読んで、プロの心意気に浸ってみてください。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.