ようこそ『リハぶっく』へ!
記事の最後に僕からのプレゼントがあるよ。
ぜひ受け取ってね!

実習の基礎

バイザーより。実習を受けるあなたへ、大切な願い。

投稿日:2018年9月6日 更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

今回は実習指導担当として感じた最近の実習についてまとめていこうと思います。

 

実際問題、実習ってどんなイメージがありますか??

 

 

実習って辛い。。。

 

実習に行くのが怖い。。。

 

 

なんて思っている学生さんも少なくないのではないでしょうか。

 

 

リハビリテーションの実習についてgoogleで「リハビリ 実習」と調べると、後ろに「辛い」とか「寝れない」とか、はたまた「自殺」なんて言葉が検索候補として自動で出てきてしまう現状があります。

 

たしかに、私が経験した実習もすごく辛く、寝れない日々を過ごした記憶があります。

そういった意味では絶対に再び経験したくはないです。

私の同期でも同じような体験をし、実習を途中でリタイアしてしまい、現在ではセラピストの道を外れて生活している人もたくさんいます。

 

志高く望んでこの世界に入ってきたのにも関わらず、その志すら折り曲げられてしまう実習…

相当なものだったんでしょうね。。。

 

 

中堅組よりも前のセラピストは、そのような経験をした方も多いと言われています。

 

しかし、このところは養成校側もそのような実習を経験させまいと対策をしており、そういった"辛さ"は昔と比べたら大幅な改善がされている、、、

と指導する側としては感じております。

 

ただ、学生さんにとっては、昔のことなど知らないでしょうから、改善されていることはわからないでしょう。

 

そのため今までの諸先輩方がそうしてきたように、

"実習=辛い"と嘆いて、

学生同士で慰め合うことで、

一体感を得て、

苦難を乗り越えていく。

そして、よくぞみんな頑張った!と褒める教師のもとへ帰っていく。。。

 

なんて学生を演じることがあたかもステータスのようなものに思えているのかもしれません。

 

 

そんな彼らをみて、私としては悲しく思えて仕方がありません。

 

実習はいつからこのような"苦行"に成り代わったのだろうかと。

 

養成校が求める臨床実習ってどういうものなんでしょうか?

 

 

本来であれば、自分の将来のための学びの場である臨床実習。

養成校ではみられない、能動的で実践的な学習がそこにはありました。

今は、実習すらも受動的に受け、あたかも授業の一環かのように過ごしているような印象を抱かざるを得ない実習生さんも多くなってきました。

このようなスタンスで学生さんが実習へ来られては、指導する立場として、学生さんに施術のご協力をいただいた患者様に申し訳ない気持ちになるのも無理ありません。

 

 

 

もちろん、患者様に触れる機会があるときには、そんな考えではいけないと事前に指導を行なっています。

そのため、実際にはそのようなことがないように、学生さんの自己意識が変わったことを確認してから実習に臨んでもらっています。

また、その対象の方に100%以上の施術効果が現れるようバイザーの方は、学生さんを上手く使えるようコントロールしていますので、効果や結果としては不利益を被ることはありません。

ご安心ください。

 

 

しかし、学生さんにはあくまで

「学びを深めにきている」

「患者様にご協力頂いている」

という積極性と感謝の心持ちは忘れないでいただきたいところです。

 

何のための実習なのか。

誰のための実習なのか。

そのためには何をしなければならないのか。

あなたはなぜ実習をしにきているのですか?

なぜ、セラピストになりたいと思ったのですか?

 

 

そこの自分軸をブレずに実習を取り組んで欲しいと思います。

以上、最近の実習に対する疑問と、バイザーとしての願いでした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここまで見てくれてありがとう!そんな君に最高のプレゼントを贈ります☆

 

実習をひとりで挑もうとしていませんか?

孤独は危険です。

”仲間”と共に充実した実習ライフを送りましょう!

実習のアトリエについて

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

☟詳しくはこちらから☟

臨床実習学生におすすめの教科書

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

「デイリーノート何書いていいかわからない、、、」 「今日のデイリーノートのネタはどれにしよう、、、」 「デイリーノートの負担大きいな、、、」 こんなことを常に疑問に思いながら通っていた実習。 当時は、 ...

3

※『全体像』という言葉は、CCS(クリニカルクラークシップ)のやり方で実習をする今の学生さんにとっては、あまり馴染みのない言葉かと思います。 しかし、あなたの指導者が経験した実習体系では、重要な評価項 ...

4

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

5

どうも、長谷川です。   私はTwitterにて実習生さんの相談を受けているのですが、その時によく聞かれる質問について答えていきたいと思います。   「見学のあと、『何か質問ある?』と聞かれるのですが ...

-実習の基礎

Copyright© リハぶっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.