【厳選4選】実習生が知っておきたい実習・臨床で役立つサイト

このページでは、『実習中に役立つサイト』の紹介を行います。

基本的にこれらのサイトを利用すれば、多くの悩みは解決されると思われます。

各サイトの利用方法をよく読み、有益な情報を得ていきましょう。

 

また、これらのサイトはセラピストの多くが臨床へ出ても活用させていただいているサイトとなっております。

つまり、セラピストとしての『生涯学習』にも役立つサイトとなっておりますので、ぜひチェックしておきましょう。

 

 

 

Mindsガイドラインライブラリ

利用目的

ガイドラインの検索・閲覧

 

利用場面

疾患のことを詳しく知りたいとき。

リスク管理を行う(理学療法を提供する上での禁忌や注意事項を調べる)とき。

 

特徴

無料で閲覧することができる。

厚生労働省の委託事業が行っているため、信頼性が高い。

ガイドラインを一般人向けに解説しているコンテンツがある。

 

URL

https://minds.jcqhc.or.jp/ 

 

 

 

EBPTチュートリアル

利用目的

エビデンスに基づいた理学療法の実際を知る。

 

利用場面

理学療法(評価~治療)をどう進めていくのかを知りたいとき。

セラピストが臨床でなにを考えているのか知りたいとき。

 

特徴

理学療法士協会が監修しているため、信頼性が比較的高い。

症例検討の形式で掲載されているため、学生さんでも理学療法の流れを理解しやすい。

『イラストで見るEBPTの実践』では会話調で理学療法を描いているので、患者様とのやり取りのヒントになる。

 

URL

http://jspt.japanpt.or.jp/ebpt/

 

 

 

Googlescalar

利用目的

文献検索

 

利用場面

Mindsにガイドラインが載っていなかった際の文献検索のとき

 

特徴

いつでもどこでもスマホでも無料で文献検索ができる(養成校によって学内サービスとして有料の文献検索サイトを利用することができる場合がある)。

条件付きでも検索することができるので、欲しい情報にたどり着きやすい。

 

URL

https://scholar.google.com/

 

 

 

DeepL

利用目的

文献翻訳

 

利用場面

文献が外国語で読めなかったとき

 

特徴

「Google翻訳よりも精度が高い」と評判の無料翻訳サイト。

PCのデスクトップアプリとしてダウンロードもできる(モバイルアプリはない)。

 

URL

https://www.deepl.com/translator

 

 

以上、実習生さんが知っておきたい実習・臨床で役立つサイト厳選集でした。

 

これらのサイトはあなたの強力な味方となります。

ぜひブックマークしておきましょう!

 
 

~新着図書のご案内~

 

  • 管理人

長谷川元気(理学療法士)

病院勤務の理学療法士(実習指導担当)。

呼吸療法認定士。

住環境コーディネーター2級。

実習で落ちかけた経験から『実習で落ないためのコツ』を配信しています。

 

 

 

↓貸出手続きはこちらから↓

投稿日:2020年4月19日 更新日:

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.