ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

現役の実習指導担当の者として、実習生さんやバイザー初心者さんへ向けて”よりよい実習を過ごすため”の知識を共有していきます。

 

また、【裏 掲示板】と称して、学生さんと臨床家の交流板を用意しております。

匿名で参加できますので、そちらもご活用ください。

 

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

よくある質問

髪型は変えないほうが良い?医療従事者のお悩み。

更新日:

いきなりですが、

メラビアンの法則

ってご存知ですか?

 

話す言葉は7%、見た目が93%、この比率で人の印象を決めているというあれですね。

 

つまり、人の印象は外観である見た目で、ほぼ決められてしまうのです。

たしかに思い返してみると、私も「あっ、この人とは気が合いそうだな」と感じるときは、会ったときの第一印象で判断している節があります。

それに一目惚れという言葉があるように、人は潜在的にこの法則で印象を決定しているものであるとこがわかります。

あなたは当てはまっていたでしょうか??

 

 

それも踏まえて、、、

あなたの外観はどうでしょうか。

患者様からみて、我々医療従事者はどのようにみえているのでしょうか。

 

 

我々は業務に励むとき皆同じ

ケーシーや白衣という特殊な衣装を着て、さらに顔にはマスクを付けます。

 

どうでしょう?

見た目の中で、個人を特定する箇所のほとんどが覆い隠されていることに、お気づきでしょうか。

 

 

個人を特定する判断材料として、残されているのは

・体型

・背丈

・目

・髪型

・メガネや時計等の装飾品

 

くらいでしょうか。

 

 

この中で体型、背丈、目に関してはすぐには変化させることは出来ません。

装飾品はすぐに変化させることは出来ますが、増やしすぎても邪魔になりますし、メガネなど必要で減らすことができないものもあります。

 

 

すると、残るのは「髪型」です。

 

髪型は装飾品とは違い、顔の大まかな輪郭をも形どるため、雰囲気を決める大事な判断材料となります。

視力の弱くなってしまった方や視界が狭くなってしまった方でも、髪型も含めた大まかな輪郭で個人を特定することできます。

 

 

 

つまり、ケーシーや白衣、マスクを着用している我々の場合、

 

髪型が患者様の抱く印象を決めている

 

といっても、過言ではありません。

 

 

そのため、

 

・セラピストが髪型を大きく変えたら、はじめは気づかれなかった。

・担当セラピストだと思って声をかけたら、髪型の似ている別のセラピストだった。

 

なんて事例はいくらでもあります

 

 

 

それに加え、認知機能低下による理解力の低下した方では、急な変化に対して対応することができないこともあります。

そんな方の担当セラピストが髪型を大きく変えた場合、担当が変わってしまったと勘違いしてしまうことも少なくありません。

せっかく築いた信頼関係も、そのせいで振り出しへ…

極端な話ではありますが、これは私が経験した実際にあった話です。

 

 

そのくらい髪型は印象に残りやすいものです。

 

 

 

季節の移り変わり目のこれから、

気分を変えようとイメージチェンジをしたくなる気持ちもわかります。

しかし、一歩どこかで立ち止まってください。

担当患者様のことも考慮して、徐々に変えていく。。。

などの配慮を、少し考慮してみても良いかと思います。

 

 

今回はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

↓コメントはこちらからも受付中↓

よく読まれています。

臨床実習学生におすすめの教科書 1

『実習の教科書』が販売されました! 私が監修した『実習の教科書』がnoteにて絶賛発売中です。   実習で落ちたくないあなたへ。とある指導者がまとめた実習の手引き ~実習前 編~ 今すぐ教科 ...

2

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

3

  どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイト ...

4

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

-よくある質問

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.