ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

実習+αのすすめ

【なぜ?】医療系の学校で「英語」を学ぶ理由。

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。

 

現役病院勤務の理学療法士をしています。

 

 

 

当サイトは主に

 

・実習生のスキルアップ

 

・セラピストのキャリアアップ

 

を目的としたサイトです。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

 

よく更新しますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

 

いきなりですが、、、

 

なぜ医療系の大学や専門学校の授業で「英語」があるのかご存知ですか?

 

 

医療系なら「ドイツ語」じゃないの?

英語なんてなにに使うの?

 

これらは、私が学生時代に抱いていた疑問です。

授業を受けながら、ずっと考えていましたが、とうとう、学生時代にはこれらに対する答えがでませんでした。

しかし、臨床へでてから「英語」を学んでおくべきであったことを痛感することになりました。

そこで今回は、なぜ医療系の学校でも英語を学ぶのかについて触れていきます。

 

医学英語を学ぶ大切さについて触れていきますよ!

 

 

日本の”医療の質”は世界でもトップレベル

よく日本の医療は安全だと言われていますよね。

確かに、日本の”医療の質”は世界的にも好評価を得ており、海外から日本に研修をしに来日する医療従事者も多いようです。

また、日本が世界でもトップレベルの医療を提供しているという統計データもあり、我々日本人は比較的安心して医療を受けることができていると言われています。

これも日本という環境や、「奉仕」精神の強い日本人の心が、現代の日本の医療を支え発展させてきたおかげであると言えるでしょう。

 

 

日本では最新の技術や知識を得られない?!

しかし、そんな日本の医療はというと、、、

実は今、日本で主流となっている知識・技術というのは、最先端をいく国からすると随分と前のものであることが多いのです。

最先端と思っていた技術も昔のものであるということもめずらしくありません。

というのも、海外で最新の技術が開発されたとしても、日本では厚生労働省がそれらを認可するまでにとても時間がかかることがあるのです。

中には10年以上かかるものもあるとか。。。

 

そうなると、最新の技術・知識を得るためには海外に研修へいったり、海外の論文を和訳したりすることが必須のものとなります。

だからこそ、臨床の人は英語の論文を必死に読み、最新の知識を得ているのです。

 

医療英語を学ぶ おすすめの方法!

医療英語を身につけるためには、何本も論文を読むことが一番の勉強法です。

 

医療の単語は高校までには習わないものも多く、最初の論文は短いものでも何日もかかってやっと理解できるなんてことがざらにあります。

ただ、何本か似たような論文を読んでいると同じ単語が出てくることがあります。

そのため、運動に特化した分野とか、バランスに特化した分野とか、栄養に特化した分野とか、ある程度特化した論文を初めのうちは何本か読んでみてください。

徐々に読むスピードも上がって行きます。

文法は比較的単純なものが多く、高校レベルでまかなえてしまうものが多い印象です。

論文になるくらいですから、綺麗な文法で書かれているものが多く、単純に英語の勉強にもなります。

 

最初はめげそうになりますが、学生さんのうちに英語の論文を読むことができるようになっていると、臨床へ出てからのアドバンテージは相当なものとなりますよ。

 

多くの臨床家はできないですからね。。。

 

 

読む。書く。話す。全てができるようになろう。

また、論文で医学英語が読めても、それを日常生活会話レベルで使えるようになっておく必要があります。

というのは、海外へそれらを学びに行く必要がでてくるからです。

どうしても、実際の細かな技術などを論文ではすべてを学ぶことができないため、行動派の方は現地に行ってそれらの技術を学びに行くこともあります。

現地へ行けば、医療の現場に立つ時以外は普通に日常会話をしなければなりません。

そんなときに論文を読める程度の英語力では、良好な関係性を築くことができませんよね。

それでは教えてもらう側としての自覚はないに等しいと判断されてもおかしくありません。

 

『郷に入っては郷に従う』ということですね。

 

 

とはいえ、将来的に海外へ進出するのはごく限られた方に過ぎません。

そのため、普通に日本で働くつもりでいるのであれば、そこまでは習得しなくて良いです。

 

しかし、そんな方でも、もっと身近な例でいえば、外国人の患者様のリハビリが円滑にできるなどのメリットはあります。

翻訳家というワンクッションがないだけで、情報の受け取る量は相当違ってきます。

そして、外国の方とリハビリが出来る臨床家はとても希少性があり、病院・施設では唯一無二の存在となるでしょう。

 

これからの時代はよりグローバルなものになってきますから、学んでおいて損はありません。

間近に迫るラグビーW杯やオリンピックなどに標準を合わせて、今のうちに学んでおきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き、『リハぶっく』をお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

この記事を読んでどう思いましたか?
↓あなたの意見を聞かせてください!↓

この記事も読んでみて!

1

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

2

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ? 課題でSOAP書 ...

3

『リハぶっく』の初投稿となるこの記事では、私が臨床の現場において、最も大切にしている 『コミュニケーション』   をテーマとしたいと思います。   こんな方におすすめ ・実習中であ ...

4

DMにて問い合わせがありました! 少し前にツイッターのDMで、   「質問して良いタイミングがわかりません。いつ質問したら良いのでしょうか?」   こんな学生さんからの素朴な疑問をいただいたきました。 ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

6

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

7

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

-実習+αのすすめ

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.