ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

現役の実習指導担当の者として、実習生さんやバイザー初心者さんへ向けて”よりよい実習を過ごすため”の知識を共有していきます。

 

また、【裏 掲示板】と称して、学生さんと臨床家の交流板を用意しております。

匿名で参加できますので、そちらもご活用ください。

 

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

デイリーノート

実習で学生さんに求められているのは《バカの開示》だった。

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。

 

現役病院勤務の理学療法士をしています。

 

 

 

当サイトは主に

 

・実習生のスキルアップ

 

・セラピストのキャリアアップ

 

を目的としたサイトです。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

 

よく更新しますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

 

 

今回のお題はこれ。

 

 

このツイートに対して多くの方々がリプをしてくださいました。

ありがとうございます!

(初めてこんなにリプを頂いたので、正直嬉しかった。。。)

 

せっかくなので、そのリプをざっくりとカテゴライズしてご紹介させていただきます。

 

〈共感してくださった方〉

 

 

 

〈私にアドバイスをしていただいた方〉

 

 

 

 

 

〈学生さんを褒めてくださった方〉

 

 

 

 

 

〈共感してくださった方〉

〈私にアドバイスをしていただいた方〉

〈学生さんを褒めてくださった方〉

 

この3つに大きく分けてみました。

どの方のご意見も大変参考になり、私も臨床指導担当者として、一歩進めた気がします。

改めて、御礼を申し上げます。

 

 

さて、学生さんに問います。

皆様からのリプの内容に関してどう思いましたか?

(※以下『バカ』という言葉が頻回に用いられていますが、決して否定的な意味で用いていませんので、ご了承ください。)

 

 

私の最初のツイート、学生さんが発した質問は、ドストレートに言って『バカ』みたいな内容ですよね。

私が学生のころは、こんなことを言ったら怒られちゃうんじゃないかな。。。と心配になって、このような発言はしなかったでしょう。

質問することが思い当たらなかったら、「ありません」の一言で済ましてしまっていたと思います。

 

しかし、どうでしょう。

こんなバカな質問に対して、多くの方のリプをみても、”怒る”方は誰一人いませんでしたよね。

むしろ、「良くこの質問をした!」と褒めてくれさえする方もいらっしゃいました。

 

 

学生さんにとって、これをどう解釈すればよいのでしょうか。

私は、この結果をみて、

『バカと思われたっていいじゃないか。実際にバカなんだもん。』

とある種の開き直りができる学生さんほど、指導をより濃く受けることができる、と感じました。

 

「よくぞ、ここまでバカをさらけ出してくれた。」

「バカと分かった以上、より丁寧に教えるね。」

 

指導者にとって、バカな学生さんを指導することは、そんな気持ちになるのかもしれません。

でも、普通に考えたらそうですよね。

学生の世界(幼稚園や小学校の頃から含め)において、バカな子には手厚いサポートがつく仕組みになっています。

それと同じですね。

 

 

指導する立場になってわかったことですが、指導者にとって学生さんは「教える対象」であり、「怒る対象」ではありません。

そのため、「怒り」よりも先に、「どうしたら伝わるかな?」と思案することが多くなります。

 

 

学生さんの中には”分からないと怒られる”と勘違いしている方も少なくありません。

しかし、今回のツイートからも分かるように、分からないことは悪いことではありません。

あたりまえなのです。

実際に臨床家から比べたら、学生さんなんて、どう考えてもバカなんですから。

 

バカで何が悪いのでしょう。

むしろ、”分かったフリして、平喘としている学生さん”のほうが「怒られる」対象となりえます。

それは提出物をみれば明らかです。

指導者にはその違いを見分けるのは、たやすい事。

 

ならば、学生さんが進む道は一つ。

《バカを開示する》ことに帰結するでしょう。

 

リハビリテーションの世界にいる人は、基本的に”教えたがり”です。

そして、普段の仕事内容も患者様の指導を行なう機会も多いことから、”教えるプロ”でもあるといえるでしょう。

その”教えるプロ”に対して、『バカ』という敵が現れたとなると、余計に指導欲が燃え上がることも少なくありません。

「実習生さんにとっていい臨床経験とするには、どうすればいいかな?」

そんなことを日々考えながら、悩み、指導にあたっている先生もたくさんいます。

 

学生さんにとって『バカ』であることは、メリットであることが多いのは間違いありません。

『バカ』はコミュニケーションのツールです。

ぜひ有効活用してみてください。

 

ただし、悪用・多用は禁止です。

臨床の2期の後半になっても、あまりに『バカ』ではさすがに。。。ですからね。

成長のみられる『バカ』になりましょう。

 

 

 

以上が、私のツイートに対していただけたリプより解釈できることです。

よかったら参考にしていただけると幸いです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き、リハぶっくをお楽しみください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

↓コメントはこちらからも受付中↓

よく読まれています。

臨床実習学生におすすめの教科書 1

『実習の教科書』が販売されました! 私が監修した『実習の教科書』がnoteにて絶賛発売中です。   実習で落ちたくないあなたへ。とある指導者がまとめた実習の手引き ~実習前 編~ 今すぐ教科 ...

2

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

3

  どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイト ...

4

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

-デイリーノート

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.