ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

よくある実習の悩み

指導者の意見がセラピスト像を押し付けているように聞こえてしまう、あなたへ。

投稿日:2018年10月20日 更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。

 

現役病院勤務の理学療法士をしています。

 

 

 

当サイトは主に

 

・実習生のスキルアップ

 

・セラピストのキャリアアップ

 

を目的としたサイトです。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

 

よく更新しますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

 

この前、学生時代の友人と会う機会がありました。

その友人とは大学卒業以来、あっていなかったので当然のように話題は、実習の話へ。

あのころは辛かったなーとか、今の実習の体系についてのことなど、時間があっという間に過ぎ去っていきました。

そのときの会話の中で、ふと友人が放った言葉がとても印象的でした。

 

その言葉というのが、

「あの時の指導者の言葉、今になって身に染みることあるよね」

 

確かに思い返してみると、私も今になって身に染みることがたくさんあると感じる機会がありました。

 

 

ただ、なぜ、こんなことが印象に残ったかというと、あの当時、友人はある実習で指導者の意見が納得できず、愚痴をこぼしていたのです。

そんな友人がまさかそんなことを言うなんて、思ってもみなかったので余計にそう感じたのかもしれません。

 

そこから、学生時代も含め、周りの人の中には実習で"指導を受ける"ってことが、どうも苦手だなぁと思っていた人も多かったなと思ったので、今回はそれを記事にしました。

 

まず、なにがそんなに苦手意識を持つ原因だったのか、簡単に今の実習生さん達に聴取してみました。

 

結果としては、様々な意見があったのですが、特に気になったものを一つ挙げます。

 

それは

指導者の言葉が「セラピスト像の押し付け」に聞こえてしまう

という意見がありました。

 

たしかに、セラピストの形は人それぞれです。

実習生さんも定着はしていないものの、どこかで自分の思い描くセラピスト像がありますよね。

そんなヒトが、いきなり他人の意見をぶつけられたら”押し付け”と感じることも理解できます。

 

もともとセラピストを志したきっかけも違えば、理由も違います。

そして、勉強するにつれ興味を抱く内容も変わっていき、それに連れてセラピスト像も変わっていくでしょう。

さらに、そうして学生の頃に抱いていたセラピスト像は臨床へ出てからも変わることがよくあります。

(現に私は大きく変わりました)

 

というのも、我々セラピストは患者様というヒトに日々触れることで、自分の考えや価値観が日々大きく変わっていきます。

なので、押し付けに聞こえてしまっている方も、もしかしたら、"現在のあなた"がそう感じるだけであって、将来的に役立つものである可能性も、大いにあるのかなと、私は思います。

 

そのため、例え押し付けられたセラピスト像でも、将来的に役立つものである可能性があるのであれば、どこか頭の片隅でも、メモの片隅にでも”とりあえず”残して置くことをオススメします。

現に、私も、私の友人もあの時実習で指導された内容のことを、臨床へ出てから実感しています。

 

表現や指導の方法には差があれど、実習生さんには実習中の様々な経験を通じて、この医療界や職業の魅力に取り憑かれてくれたら嬉しいなという想いで、指導者の方々は指導しています。

学生さんの中には指導に対して考え方が変だなとか、反感を抱くこともたくさんあるでしょう。

 

しかし、それは具体的に臨床をイメージすることができていないからです。

実際に経験をして初めてわかることもたくさんあります。

 

そして、あの時の指導者さんはこんな状況だったんだなと思う日が必ずきます。

あなたが指導する立場となったとき、はじめてその時の指導者の気持ちも分かり合えるのかもしれません。

 

学生さんは圧倒的に経験がありません。

そんな人がわかったような口を叩くのはお門違いというもの。

と、厳しい言葉をあえて贈りたいと思います。

 

ひとまず、経験のある人の意見や指導をしっかりと受け止めて、実際の臨床の場でその良し悪しを取捨選択していきましょう。

学生の頃から固定観念がありすぎると、臨床では必ずつまずきます。

そんなセラピストもたくさん見てきました。

この記事を読んでいただいたあなたにはそんなセラピストにはなって欲しくありません。

 

どうか、実習生のうちは全て一度は受け入れるということを習慣化してみてください。

それも一つのコミュニケーションスキルです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

3

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

4

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

5

どうも、長谷川元気です。   私は主に実習生の指導担当(スーパーバイザー)をすることが多いのですが、その時によく聞かれる質問について答えていくシリーズを配信していきたいと思います。 &nbs ...

-よくある実習の悩み

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.