ようこそ『リハぶっく』へ!
記事の最後に僕からのプレゼントがあるよ。
ぜひ受け取ってね!

臨床でも役立つ知識

実習生さんが”コミュニケーション嫌い”を克服するために必要なのは”言葉”だった。

投稿日:

実習生さんがよく困ってしまう『患者様とのコミュニケーション』

実習中、指導者からのむちゃぶりの代表格。

 

「患者様となにか話してみる?」

 

男はフリートークが一番キツイ。

他愛もない話をすればよいって言われても、目的のない話が苦手な男子も多いですよね。

 

 

ほかにも、

「いきなり患者様と話すだなんて無理…」

「なに話していいのかわからない」

「指導者にだってまともに話せないのに、患者様と会話するだなんて余計に無理…」

 

そう思う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回はそんなコミュニケーションが苦手な学生さんに向けて、コミュニケーションで使われる"言葉"について考えておきたいことをまとめていきます。

ここに書いてあることを実践していけば、コミュニケーション能力が少しずつ上がっていくことでしょう。

 

 

 

 

実習生さんは"言葉"を上手く使いこなせていない。~”言葉”の今と昔~

指導者世代からすると、実習生さんは"言葉"を上手く使いこなせていない印象を持たれています。

 

 

 

その印象の根源となっているのが、文明の発展です。

メールやSNS、写真や動画などの文明の発展により、現代人は"言葉"によるコミュニケーションの頻度を低下させてきているのです。

 

コミュニケーションの方法として、

・バーバル・コミュニケーション:つまり、"言葉"を書く。"言葉"を読む。"言葉"を話す。"言葉"を聞く。といったことが挙げられます。

・ノン・バーバル・コミュニケーション:つまり、身振り手振りや表情、絵文字、写真などで表現される非言語的な方法も挙げられますよね。

 

これらの使い方が昔と比べて大きく変化してきています。

 

昔の人は、コミュニケーションの重きをバーバル・コミュニケーションに置いていました。

現代のような通信機器やコミュニケーションツールがなかったため、”言葉”を書いたり、読んだり、話したり、聞いたりする機会がたくさんありました。

例えば、短歌や俳句などの『言葉遊び』も盛んに行われ、いかに”言葉”で感情や風情を表現できるのかが教養の有無を決めていました。

 

一方で現代人は、コミュニケーションの重きをノン・バーバル・コミュニケーションに置くようになりました。

通信機器もコミュニケーションツールも発達し、言葉を直接交わさなくても気持ちを伝えることができるようになりました。

そのため実習生世代の方々は好き好んで”言葉”を話さなくても良くなってきているのです。

 

また、まどろっこしく"言葉"を使うよりも、スタンプ一つで言いたいことが伝わるため、受け入れがよいのでしょう。

そう言った意味では『略語』なんかはいい例かもしれません。

現代人は、いつもなにかがから追われているように急ぎ、なるべく端的にコミュニケーションを取ろうとしています。

リズム感やテンポばかりが重要視され、そこに美徳を感じるようになっています。

 

 

 

 

これらの違いから、現代人は”言葉”に触れる機会が昔と比べると減っていると考えられます。

なので、前回の記事にも通じることですが、実習生さんの頭の中の『思考のタンク』には、”言葉”が少ない、、、

つまり、話したくても”言葉”がうまく出てこないということにもつながるのです。

 

前回記事に関して詳しくは以下の記事をご覧下さい。

実習中、なぜ質問が思い浮かばないのか。3つの原因と対策について解説します。

 

 

 

理学療法士と”言葉”の関係性とは?

そんな状態の実習生さんがフリートークをしようとしても、言葉につまるのも無理ないですよね。

”言葉”も足りない、増して、他人に見られ、かつ、それを評価されていると思うと、緊張しないはずがありません。

そんな状況でまともな会話なんてなかなかできないとは思います。

ただ、あなたが放り込まれているのは「実習」なので、そこも学んでいかなければなりません。

 

理学療法士は現状、個別療法が主なのですから、1対1で話す機会がたくさんあります。

これから理学療法士になるなら、避けては通れない道なのです。

 

 

 

また、コミュニケーションは理学療法において重要な鍵を握っていることが少なくありません。

体だけでなく、心の傷を負った患者様の支えとなれるのはあなたの心です。

その心を表現するツールとして”言葉”は大変重要な役割を果たすからです。

 

あなたはそういう世界にこれから踏み入れるのです。

それなのに「コミュニケーションが苦手なんです~」と避けてばかりいると、臨床へ出てから痛い目に合うでしょう。

 

 

 

実習生さんができる”言葉”の貯め方について

ということで、学生さんは普段から”言葉”をたくさん貯めるようにしてみましょう。

方法はどんなものでも構いません。

 

読書したり、動画みたり、友達と遊んだり、、、

 

生産性のないゲームばかりではなく、少しでも”言葉”に触れる機会を増やすのです。

その中でも、人と話す機会を増やしていけると、会話スキルが自然と身に付きますからいいですよね。

 

患者様との会話がハードル高いのであるならば、まずは友達から。

友達との会話がハードル高いのであるならば、まずはSNSから。

 

 

 

 

 

嬉しいことに、現代においてはコミュニケーションを図れるツールがたくさんあります。

それらをうまく活用して、”言葉”に触れていきましょう。

なるべく広い範囲で、いろいろな分野の”言葉”に触れておきましょう。

 

 

コミュニケーションはコミュニケーションを図ることでしか育まれませんから。

 

 

 

そうした取り組みが、患者様との会話に必ずつながっていきます。

うまく”言葉”を使いこなせるように、練習(日常生活)に励んでみてね。

本番(実習)でその成果が現れることを祈っています。

 

※☝ここでは、あえて練習を日常生活、本番を実習としました。臨床家目線でいうと、本来なら実習が練習で、治療(日常生活)が本番ですからね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここまで見てくれてありがとう!そんな君に最高のプレゼントを贈ります☆

 

実習をひとりで挑もうとしていませんか?

孤独は危険です。

”仲間”と共に充実した実習ライフを送りましょう!

実習のアトリエについて

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

☟詳しくはこちらから☟

臨床実習学生におすすめの教科書

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

「デイリーノート何書いていいかわからない、、、」 「今日のデイリーノートのネタはどれにしよう、、、」 「デイリーノートの負担大きいな、、、」 こんなことを常に疑問に思いながら通っていた実習。 当時は、 ...

3

※『全体像』という言葉は、CCS(クリニカルクラークシップ)のやり方で実習をする今の学生さんにとっては、あまり馴染みのない言葉かと思います。 しかし、あなたの指導者が経験した実習体系では、重要な評価項 ...

4

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

5

どうも、長谷川です。   私はTwitterにて実習生さんの相談を受けているのですが、その時によく聞かれる質問について答えていきたいと思います。   「見学のあと、『何か質問ある?』と聞かれるのですが ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.