ようこそ『リハぶっく』へ!
記事の最後に僕からのプレゼントがあるよ。
ぜひ受け取ってね!

臨床でも役立つ知識

リハビリの人が言う”治る”はウソだった!?衝撃の事実。

投稿日:2018年6月24日 更新日:

どうも、長谷川元気です。

今回は題名や内容の前半だけだったら、ショックな内容かも知れませんが、最後まで目を通して頂けるとありがたいです

 

リハビリのセラピストは治療中に良く”治る”という表現を使います。

しかし、残念ながら実際は100%元どおりなんてことはありえません。

一度失った機能は元に戻すことができないのです。

ヒトはとても精巧に創られていますが、進化の過程で再生機能を獲得することはできませんでした。

そのため、一時期話題になったips細胞などの再生医療に、多くの企業は力を入れている現状があります。

再生医療が発展していくことによるメリット・デメリットは多く議論されていますが、それで救われる命がある以上、世間から求められるものとして、今後も発展してくはずです。

果たして、再生医療が発展していったときにリハビリという職種は、どういった関わり方ができるのでしょうか。

これからの進展に注目していきたいですね。

 

 

脱線しました。

冒頭で、リハビリでは完全に治すことはできないと触れましたが、

そうしたらリハビリって何をしているんだ?という問題になります。

 

その問いに対する答えとしては、

我々リハビリテーションのセラピストは、失われた機能を他の機能で補完し”適応”させています

※そのことを”代償”とも言いますが、私個人的に代償という言葉が嫌いなので、”適応”としています。

 

わかりやすくいうと、”うまく良くなったようにみせている” のです。

ぶっきらぼうな表現かもしれませんが、実際にそうなのです。

 

痛みがないよう適応させている

歩けるように適応させている

麻痺則が動くように適応させている

息苦しくないように適応させている

 

何度も言いますが、失ったものを取り戻すことはできません。

しかし、取り戻せないまでも、他の手段がないわけではありません。

その手段をみつけるのがリハビリテーションだと考えています。

 

弱った筋肉を補うために、その筋肉そのものをトレーニングして強くする方法だけでなく、周囲にある似た作用をもつ筋肉も一緒にトレーニングすることで、動作として成り立たせていきます。

例えば、股関節を屈曲する(モモを上げる動き)には、大腿四頭筋と腸腰筋という筋肉が働いていることがわかっています。

どちらも股関節の同じ動作を担う筋肉です(厳密にはそれぞれの役割があります)。

どちらかの機能が低下してしまった場合は、他方の筋肉でその動作を補うことで、屈曲動作ができるようになり、”治った”ようにみせることができます。

さらに、リハビリでは動作を再獲得することだけでなく円滑に遂行できるようにならなければなりません。

そういった微調整を繰り返しておこなうことで、制限がなくなって”良くなった”ようにみせているのです。

 

完全には治らないものの”適応”するための突破口は必ずあります。

我々はそれを”治る”と表現しているだけなのです。

 

つまり、今回の記事でなにがいいたかったかというと、

失う前に、失わないように気をつけることが大切

ということです。

治らないのであれば、備えることです。

 

現代を生きる人たちは医療に望みを持ちすぎです。

なんでも治ると勘違いしすぎです。

たしかに技術や知識が進歩し、救える命が多くなってきたのは事実です。

しかし、どうあがいても、治らないものは治らない。

一度崩れた自分の身体は、元に戻ることはありません。

 

本来そうならないために、ある程度は自分で予防し、対策する必要があります。

それでも、人生何があるかわかりません。

そうなったときの相談要因や緊急要因としての、病院や医療機関という風に考えるのが良いのではないでしょうか。

 

予防と簡単には言っても、実際に実行するのは難しいものです。

しかし、知識はつけておきましょう。

良いことばかりでなく、悪いことも。

現代社会において情報は溢れているけども、一個のところから集めるから、一側面しかとらえられなくなります。

あなたの希望通りの情報はネットにはたくさん溢れています。

しかし、その希望通りの情報が信用するに値しているかは、別の問題です。

『肯定、否定』多角的に集めて、情報を取捨選択し、厳選していきましょう。

そして、あなたが信用すべき情報は自然と取得でき、自然と身体が反応し、自然と習得していることでしょう。

それがあなたの予防方法です。

 

これから医療は”再生”と”予防”をキーワードにますます発展していくことでしょう。

その波にあなたもしっかり乗れるよう多くの情報を取得してください。

当サイトでも、なるべく正確な情報を発信できるように多くのアンテナを張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここまで見てくれてありがとう!そんな君に最高のプレゼントを贈ります☆

 

実習をひとりで挑もうとしていませんか?

孤独は危険です。

”仲間”と共に充実した実習ライフを送りましょう!

実習のアトリエについて

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

☟詳しくはこちらから☟

臨床実習学生におすすめの教科書

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

「デイリーノート何書いていいかわからない、、、」 「今日のデイリーノートのネタはどれにしよう、、、」 「デイリーノートの負担大きいな、、、」 こんなことを常に疑問に思いながら通っていた実習。 当時は、 ...

3

※『全体像』という言葉は、CCS(クリニカルクラークシップ)のやり方で実習をする今の学生さんにとっては、あまり馴染みのない言葉かと思います。 しかし、あなたの指導者が経験した実習体系では、重要な評価項 ...

4

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

5

どうも、長谷川です。   私はTwitterにて実習生さんの相談を受けているのですが、その時によく聞かれる質問について答えていきたいと思います。   「見学のあと、『何か質問ある?』と聞かれるのですが ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.