ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

臨床でも役立つ知識

理学療法士による『自己研鑽』のすすめ

投稿日:2020年2月17日 更新日:

理学療法士界の沸騰ワード『自己研鑽』について

 

スキルアップのために!

キャリアにつながるから!

引き出しを増やしたい!

 

そんな目的で『自己研鑽』に励む理学療法士が最近増えてきました。

Twitterでも一時期『自己研鑽』という文字をよくみかけました。

また、PT協会でも新生涯学習制度にて、登録理学療法士になったら『自己研鑽』に励むために5年ごとの更新を取り入れることを発表していますね。

 

このように理学療法士業界のなかではいたるところで『自己研鑽』の文字が出てくるようになりました。

まさに理学療法士界の沸騰ワードです。

 

 

と、ここで質問です。

あなたは『自己研鑽』ってどんなことを指すのか知っていますか??

 

 

辞典ではどう書かれているのでしょうか?

自己研鑽とは?

読み方:じこけんさん

意味:自分自身のスキルや能力などを鍛えて磨きをかけること。

https://www.weblio.jp/content/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%A0%94%E9%91%BD より)

 

案の定、具体的には書いてないですよね…

 

 

ということで、今回の記事では『自己研鑽』についてまとめていきます。

これを読めば、今自分に必要な『自己研鑽』が見つかるかもしれませんよ!

必要な『自己研鑽』に励んで、素敵な理学療法士ライフをお過ごし下さい!

 

あっ、あらかじめ断っておきますが、『自己研鑽』=『勉強』ではありませんからね。

勉強バカにはならないように気をつけましょう!

 

 

 

理学療法士が『自己研鑽』する理由とは?

さて、まずは理学療法士がなぜ、『自己研鑽』しなければならないのかを探っていきます。

理学療法士として、『自己研鑽』する理由は大きく3つに分かれると思います。

 

・患者様のため

・日々新しくアップデートされる医療の知識に置いていかれないため

・これから来る理学療法士の生き残り合戦のため

 

多くの方が、これらの理由から『自己研鑽』に励んでいるのではないでしょうか。

人としての成長が患者様のためになるという医療従事者の鏡のような方々をみていると、この業界も捨てたもんじゃないなと思います。

 

 

ただ、自己研鑽といってもその範囲はとても広いため、人によってはそれも自己研鑽なの??と驚く方もいるようです。

 

一般的に理学療法士の『自己研鑽』といえば、

・理学療法に必要な知識を習得する

・理学療法のセミナーや書籍などを通じて情報を得る

・理学療法関連の資格の取得

などが挙げられています。

 

これらはすべて、理学療法という基礎基盤を広げ、整えるための『自己研鑽』ですね。

理学療法士としてリハビリテーションを提供する上では必要な知識です。

学校では習わない範囲の知識を得たり、臨床家ならではの視点でみた基礎分野について学ぶ機会はとっても重要なものとなっています。

臨床家になってからは基礎分野を学び直すのが、めちゃくちゃ面白く感じますよ!

実習に行った人はわかるかな?

 

身体に関しては、まだまだわかっていないこともたくさんありますから、新しい知見が日々研究・発表されています。

中には、今までの常識を覆すような知見までもが発表されることもあります。

そのため、理学療法士として、常に理学療法分野の『自己研鑽』することが求められるのです。

 

 

理学療法士×〇〇も自己研鑽?

TwitterやFacebookでは”理学療法士×○○”のような形で『自己研鑽』している方もたくさんいらっしゃいます。

例えば、

理学療法士×介護福祉士

理学療法士×看護師

理学療法士×鍼灸師

理学療法士×モデル

理学療法士×フォトグラファー

理学療法士×ブロガー

などなど

 

こういった方々に触れている時間が長いと、「理学療法以外のことに力を入れた方がよいのかな??」なんて思ってしまいますよね。

たしかに、それもそれで必要なことです。

唯一無二の存在になるので、とても魅力的ですし、それで活躍も昇進もできることでしょう。

 

 

だけど、医療従事者としては、目の前の患者様にしっかり向き合うことの方が、最優先事項ですよね。

理学療法士という基盤がしっかりしているから、それを『自己研鑽』することで、さらに理学療法士を引き立たせる、、、ことができるのです。

理学療法士を疎かにして、〇〇に励んでいても、ただの遊び人になってしまうので、なんにも魅力を感じません。

そこだけは心がけて『自己研鑽』していきましょうね。

 

 

 

つまり、その時期その時点でやるべき『自己研鑽』は異なるのです。

もちろん、それには現時点での興味や、それまでに触れてきた情報や経験にもよって方向性は変わってくるでしょう。

今やるべきことはなんなのか?

『自己研鑽』はこの軸をしっかりとしていないと、ものすごく効率の悪いものになります。

 

 

その時々によってすべき『自己研鑽』は異なる

「結局、『自己研鑽』ってなにをしたら良いのかわからない…」

わかりますよ…漠然としろしろ言われてもね…

 

先ほどもいったように、その時々でやったほうがよいものが変わってきます。

基本的には『自己研鑽』しようと思ったその時に興味を持った分野や、必要性に駆られた分野がよいでしょう。

 

 

学生時代にすべき『自己研鑽』とは?

学生時代はとにかく手広く、なんでもやってみましょう。

少しでも面白さを感じた分野については、よくよく学びを深めてみてください。

 

また、学生時代は色々な人生経験をしておくと良いですよ。

旅行へ行ったり、スポーツしたり、読書したり、恋愛をしたり。。

理学療法士は対人で行うため、人生経験が豊富な人ほど、有利になるからです。

特にコミュニケーション面や理学療法プログラムを立てる際には、とても重宝します。

具体的になぜそうなのかは、今後のブログでまとめますので、ここではそうなんだなーくらいに思っておいてくださいね!

 

 

新人時代にすべき『自己研鑽』とは?

新人時代はもっぱら理学療法に関連することや、自身の勤務先で活動するために必要な知識を得ていくことをオススメします。

おそらく、一番理学療法分野の知識が面白く感じるときです。

実際に患者様と向き合い、様々な壁にぶち当たるこの時期は、必要に駆られて学ぶことが明確になります。

なんでだろう?と常に考えながら、理学療法の魅力にどっぷり浸かってくださいね。

 

そうして理学療法を真剣に学んだ先には、必ず自分の興味がでてくる分野がでてきます。

そして、その分野には必ず先駆者がいます。

ぜひ、その人についていくつもりで、学びを広げ、深めていきましょう。

 

自分の興味と理学療法が重なったとき、理学療法士の面白さがより一層感じられると思います。

 

 

 

自分に合った『自己研鑽』を見つける方法

だけど、、、

それって自分で発見するのが難しい場合もありますよね。

そんなときは、憧れる上司や先輩を参考にしてみてください。

その人がどんなことを考えて、どんな自己研鑽をしてきたのかを参考にしてみましょう。

その人に直接聞いてみてください。

今なにをやっているのか。

これまでなにをやってきたのか。

これらから、どうすればその憧れの上司や先輩の域に達することができるのかのヒントをもらってみてください。

 

はじめはよくわからないかも知れませんが、次第にわかってくることもあります。

とりあえず、ついて行ってみる。

それも一つの方法ですよね。

 

 

私なりにも、『自己研鑽』のおすすめを以下の記事でまとめています。

もし、何かしらやってみたい!という方は参考にしていただけたらと思います。

【お金がなくても出来る】学生のうちにやっておきたい10のこと

 

 

 

『自己研鑽』は勉強のみを指す言葉ではない

ただ、ここで必ず覚えておいて欲しいのは、

自己研鑽勉強

ということです。

勉強することだけが、自己研鑽では決してありません。

 

 

 

 

 

スポーツも、恋愛も、ボランティアも、旅行も、、、

理学療法士としてではなく、"人として"の人生経験を積むことも大切な『自己研鑽』です。

 

むしろ、理学療法士としてリハビリテーションを提供するなら、"人として"の人生経験がとても役立つものになります。

そもそも、より良い人生を提供するためには、あなたが人生のことを知らなければ提供できませんよね。

 

ぼーっとしている時間をなるべく減らしてみましょう。

 

時は金なり

という言葉もあるくらいです。

上に行く人ほど、この言葉の重みを知っています。

 

例え5分でも、できることはたくさんあるのです。

分単位のスケジュールにしろとまでは言いませんが、空き時間をみつけて、なにかに取り組んでみてくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き、『リハぶっく』をお楽しみください。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.