ようこそ『リハぶっく』へ!

 

当ブログは理学療法士である長谷川元気が監修しています。

現役の実習指導担当の者として、実習生さんやバイザー初心者さんへ向けて”よりよい実習を過ごすため”の知識を共有していきます。

 

また、【裏 掲示板】と称して、学生さんと臨床家の交流板を用意しております。

匿名で参加できますので、そちらもご活用ください。

 

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

実習㊙テクニック

現役理学療法士からみたベッド環境調整のススメ②

更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

今回は前回記事の続きです。

ベッドサイドの環境整備に対して、リハビリ職としての目線からは、こんなところに着目してますよ、という点についてまとめております。

よかったら前回記事も併せてご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

早速本題に移りましょう。

 

◯荷物棚の位置

横着な方や、ベッドが柵に覆われている方はベッドから降りず、乗り越えるように手を伸ばして棚の物を取ろうとする傾向にあります。

筋力が落ちている方は、手を伸ばした時にバランスを保てず、ベッドから転落してしまうリスクもあります。

その方の能力に合わせて近づけたり、離したりします。

他にも、飲水・食事制限のある方には手が出ないような配置にしたりします。

 

 

◯ナースコールの位置

確実にボタンを押せるように配慮します。基本はすぐ手にできるところに設置します。

院内ではナースコールを見失う、コードが身体に絡みつく、ベッドアップしたときに引っ張られて抜けてしまうなどの問題がよく起きます。

 

そこで、

  ・ベッド柵に括っておく

・ネットと一緒に手首に巻きつけておく

・筋力の弱い方でも押せるよう、ナースコールに細工をする(手の甲でも押せるようになど)

などの対策をすることもあります。

 

握らせっぱなしは拘縮の原因にもなります。

 

 

 

◯ベッドからトイレや洗面所までの距離・導線

歩行能力の低下している方にとって離床を促す際の、とてもよい機会となります。

距離感や手すりの有無を確認し、歩行にて安全に・安定して行なえるかどうかを代替手段も含め、評価してみましょう。

病棟でトイレ歩行ができてくると、歩行レベルが格段に上がってきます。

 

トイレ歩行を行なう際は、ズボンの着脱の可否も一緒に評価してから病棟で行ってもらうようにしましょう。

 

 

 

○体位の向き

介入前の体位はしっかり覚えておきましょう。

看護師さんは褥瘡予防のために、2~3時間ごとに体交(身体の向きを変えること)をしています。

体交のタイミングがずれてしまうと同一側での肢位が続いてしまうため褥瘡のリスクが高まってしまいます。

介入前後で同じ体位となるようにしてください。

また、体交枕を使用している方の場合も同様、介入前後で同じように枕を配置し、介入を終えます。

褥瘡がすでにある方や、禁忌肢位のある方は取ってはいけない姿勢があるため、注意しましょう。

 

 

 

○布団の掛け具合・室温

患者様の中には体温調節機能が低下している方がいます。

この機能はご高齢になるにつれ、衰えていくことがわかっています。

体温調節がうまくできない場合、健常の方とは感じている体感温度の差があると言えます。

自己調節の難しい方も入院している可能性が高いため、院内では看護師さんが体温調節を図っています。

 

ここ最近は暖かい日が続いています。

リハビリの方は常に運動をしているために体温が高く、室温では熱いと感じることも多いかと思います。

院内では低体温の方が、布団を多くかけていることもあるかもしれません。

動けない患者様にとっては適温であることも多いということは忘れないでください。

 

 

○終わりに

このように着目する必要のある環境整備面は多くあります。

前回記事の冒頭でも触れましたが、基本は

 

元の状態へ戻す

 

このことは忘れないようにしましょう。

その中で、リハビリの目線的に改善すべき点があれば、まず看護師さんと相談しましょう。

その後で環境を整備するようにしてください。

今回触れていないことも多々ありますので、臨床で経験を積み、多くの配慮が行なえると良いですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

~~『実習の教科書』~~

こんな書籍が欲しかった!

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字のボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 

最新の情報はTwitterにて配信中!

フォロワーさん限定のプレゼント企画を時折実施しています。

ぜひフォローしてくださいね!

理学療法士のTwitterアカウント

 

 

実習中に役立つ書籍はこちらから!

教科書的なものよりも、イラストが多めに掲載されている”見やすさ重視”の書籍を厳選しました。

 

実習生におすすめの参考書

 

 

 

↓当サイト内 検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

カテゴリー

 

↓コメントはこちらからも受付中↓

よく読まれています。

臨床実習学生におすすめの教科書 1

『実習の教科書』が販売されました! 私が監修した『実習の教科書』がnoteにて絶賛発売中です。   実習で落ちたくないあなたへ。とある指導者がまとめた実習の手引き ~実習前 編~ 今すぐ教科 ...

2

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

3

  どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイト ...

4

どうも、長谷川元気です。   私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。   現役病院勤務の理学療法士をしています。       当サイトは主に &nb ...

5

「時間はあるけれど、お金がない」 これは多くの学生さんに共通している悩みですよね。   「お金はあるけれど、時間がない」 これは社会人になったときに多くの方が陥る悩みです。   こ ...

-実習㊙テクニック

Copyright© リハぶっく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.