理学療法士推薦『究極の歩き方』の評価と感想

ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

臨床でも役立つ知識

【理学療法士推薦】『究極の歩き方』の評価と感想

投稿日:

 

こんな未来を想像してみよう!

”歩く”をどう深めていけばよいのかを知ることができました!

この記事を読めばその未来、訪れちゃうかも??

 

 

「歩行分析ってどうやるの?」

「足部ってどう評価するの?」

「いい歩き方とは?」

 

 

理学療法士として”歩行”や”足部”についての知識は欠かすことのできないものです。

しかし、歩行分析をしようにも、慣れないうちはどこに着目してよいのかもわからず、苦手意識を感じる方も多いポイントとなっています。

その上、臨床では”靴”の影響も考慮して歩行分析をしていく必要があるため、実習では余計に頭がこんがらがってしまう傾向にあります。

 

そこで今回おすすめする『究極の歩き方 (講談社現代新書)』では、一般書なのに”歩行”や”足部”、”靴”への知識が掲載されているため、わかりやすく小難しいことを学ぶことができます。

専門用語がたくさん出てきますが、実習生を含め、初学者の方にも理解できる範囲のものなので、難しさよりも親しみを持って読み進めることができるかと思いますよ。

ということで、今回の記事では『究極の歩き方 (講談社現代新書)』のレビューをしてきます。

あのアシックスが膨大な顧客データをもとに研究し導き出した”答え”が書かれています!とっても面白かったですよ~

 

 

 

 

 

こんな方におすすめ!

  • 歩行分析が苦手!
  • 足部に興味がある!
  • 靴の知識を深めたい!

 

 

↓↓書籍を少しでも安く購入したいという方はこちら↓↓

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

 

 

 

『究極の歩き方』の評価

 

『究極の歩き方 』について

日本人の足を知り尽くしたアシックス。

そのアシックスの研究部門が、ウォーキングシューズ作りを通して研究分析した日本人のための「究極の歩行術」が掲載されています。

100歳まで元気に歩けるかどうかを決めるのは50歳からの歩き方、、、

理想の歩行姿勢とは?

若く見える歩き方は何を意識すればよいのか?

足の衰えを防ぐ靴選びとは?

アシックスが長年培ってきた足と歩き方に関するデータを駆使して、より長く元気に歩くための秘訣を解説。

 

 

著者のアシックススポーツ工学研究所について

1985年アシックスのシューズ、アパレルの研究部門が統合されて設立された部門です。

「スポーツで培った知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」というビジョンを具現化するアシックスの基幹を担う研究部門とのこと。

歩行分析のために作成した3Dセンサーを用いたデータ収集を行っており、歩くだけでその人の歩き方の特徴や歩行年齢を算出できるようです。

 

 

 

『究極の歩き方 』の総評

あのアシックスが長年集めてきたデータや研究の末に導き出した”答え”を知ることができてよかったと感じました。

とても勉強になり、足部・靴への関心を高めるきっかけとなりました。

 

ただ、研究職の方からするとデータの単位などが書かれていないことも多く、信ぴょう性に欠けてしまうと思えてしまう内容でした。

50歳という数字に引っ張られすぎずに読み込めば、興味深い内容だったと思いました。

 

 

『究極の歩き方 』の感想

以下にさらに詳しく、私が熟読してみた感想をまとめていきます。

 

 

足部に関する知識を得られる

外反母趾やO脚など、日本人に多く見られる足に関するトラブル。

足部のアーチ構造にも着目し、なぜ日本人に多くそれらのトラブルが多いのかを研究する過程はとても興味深く読み進めることができました。

 

また、この本を読むことで、足部の形状をみれば今後の予後予測も立てられるようになる、すなわち、どんな対策をすれば未然に防ぐことができるのかを知ることもできます。

 

この辺は学校でも習う範囲かと思いますが、より”生活”に関連して知識を深めることができました。

 

 

理想的な歩行を知ることができた

あなたにとって、”加齢変化を防止するための”理想的な歩行とはどんな歩行ですか?

 

歩容は?

速度は?

姿勢は?

 

いつまでも、健康維持のために理想的な歩行をしたいと思っていても、どんな歩行がよいのかを知らなければ指導はできませんよね。

「痛みがなければいい」

それだけでは健康維持はできません。

ある程度の負荷をかけることで、健康は維持をすることができるのです。

 

その負荷量に関する知見を得ることができました。

 

 

 

靴の知識を学ぶことができる

これは学校では習わない範囲でした。

そのため、大変興味深く読み進めることができると思います。

 

日本ではあまり普及していない『足病医』という職業をご存知ですか?

海外では子どもや大人、糖尿病などの方に対しても、その方にあった靴を処方することをしているのですが、とても一般的で欠かすことのできない職業となっています。

海外ではそのくらい”靴”に関して重要視されているにも関わらず、日本ではあまり着目されていない分野です。

PTとしてこの分野の資格を持っている方もちらほら見かけますので、興味がある方はこちらを読んで理解を深めてから、突き詰めてみても良いかと思います。

 

 

 

『究極の歩き方 』のプロフィール

著者:アシックススポーツ工学研究所

出版社:講談社

発売日:2019年9月18日

ページ数:224ページ

カスタマーレビュー:3.6(5.0満点中)

 

 

 

まとめ

一昔前までは、”PTは脚”と言われていたほど、理学療法士にとっては足に関する知識が求められる傾向にあります。

そのため、授業では習わない範囲も学べるこの本を読んで、より生活に根ざした知識を得ておいて損はないかと思います。

 

小難しい歩行分析の本を読む前にぜひ、こちらで基礎知識を深め、広げてみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引き続き『リハぶっく』をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-臨床でも役立つ知識

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.