ようこそ『リハぶっく』へ!

 

学割で高い参考書を安く買うおすすめの方法

 

当ブログは、実習生向けに理学療法士である長谷川元気が監修しています。

 

『実習』のことや、『お金』のこと。

学生さんにとっても "不安" を抱えやすいこれらのことについて、情報を共有していきます。

 

もうすぐ理学療法士の実習ではCCS(クリニカルクラークシップ)制度が導入されますので、その一助になれば幸いです。

 

少し先を生きている私が、勉強したこと、経験したこと、そして実践していることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Web上の 《 おすすめ参考書 》 として、 "あなた" のお役に立ちますように。

長谷川元気

 

※よく更新していますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみください。

 

よくある実習の悩み

「どんな方をみたい?」は絶好の自己アピールの場として活用しよう!

投稿日:2018年10月19日 更新日:

どうも、長谷川元気です。

 

私は当サイト『リハぶっく』の管理人です。

 

現役病院勤務の理学療法士をしています。

 

 

 

当サイトは主に

 

・実習生のスキルアップ

 

・セラピストのキャリアアップ

 

を目的としたサイトです。

 

Web上の 《 おすすめ本 》 として、医療に携わるあなたのお役に立てるよう運営していきます。

 

よく更新しますので、【ブックマーク】や【ホーム画面に追加】をしてお楽しみいただければと思います。

 

 

今回は実習生によく聞かれる質問について答えるシリーズの続編です。

どんどん、質問に答えていきますね。

質問はtwitter(スーパーバイザー@PTsupervisorからでもお待ちしております。

 

 

実習中に指導者から

 

「どんな方をみたい?」

 

そう言われたことのある実習生さんも多いのではないでしょうか?

 

私も実習生のときに投げかけられて何が正解なのか分からず過ごしていた記憶があります。

あなたなら何と答えますでしょうか?

 

今回は「どんな方をみたい?」という問いに対しての回答の例をいくつか提示していきます。

どれか1つの方法を一貫してもいいですし、色々な答え方をしてもよいかと思います。

しっくりきたものを実践してみてくださいね!

 

 

では、早速本文に入ります。

指導者の発する言葉には、必ず意図があります。

「どんな方をみたい?」

この発言の意図は多くの場合、

 

「あなたのことを全然知らないから、教えてほしい」

 

という言葉が込められています。

 

 

つまり、指導者側が実習生であるあなたに"興味を抱いてくれている"の可能性があります。

(その背景には実習生さん側のコミュニケーション不足があるのですが…)

 

ということは、実習生さんにとっては、自分をアピールする絶好の機会です。

自分を知ってもらうことで、実習がより濃いものになるのは間違いありません。

そして、実習生さんにとって、自分をアピールできる場を指導者から用意してもらえる機会というのは、そう多くありません。

多くは実習生さん自身が発信しなければならず、それがなかなかできていない学生さんが大半です。

 

すなわち、この質問を自分のアピールの場として活用しない手はないのです。

 

 

では、具体的にどんなことをアピールしたら良いのか、以下に挙げていきます。

 

 

自分の興味のある分野を答える

 

これが一般的に多い回答ではないでしょうか。

 

整形疾患、脳血管疾患、心疾患、呼吸器疾患、内部疾患、外科疾患、神経筋疾患、それに加えて認知症など、疾病別に大まかに括って回答しても良いです。

整形疾患であれば、肩関節や股関節など障がい部位に限局したものでも良いでしょう。

 

疾患によって手技や視点が全然違います。

同じセラピストの中でも、疾患別に分けて見学させてもらうと、一目瞭然かもしれません。

この様な分け方で見学に入った際は、疾患に対してどんな考えを持ってリハビリテーションを提供しているのかということなどを聞き出せると、さらに良いでしょう。

 

 

年齢層を答える

 

小児、中・高生、社会人、高齢者など年齢層で分けても良いかと思います。

それぞれの年齢層ごとに治療方針や予後予測などが異なります。

この分け方で見学する場合は、コミュニケーション方法の違いやトレーニングメニューの違いなどを聞き出せると、さらに良いでしょう。

 

 

触る機会を得られそうな方をお願いする

 

特に興味が定まっていない場合は、この方法が良いと思います。

ROMex.や筋緊張、動作介助などの実技系は、実際の臨床の場でしか培えない知識。

健常人しか触れたことのない学生さんにとって、実際の患者様に"触れることに慣れる"のも実習の目的の一つです。

 

はじめのうちは緊張して、自己紹介すら出来なくてもいいのです。

むしろ、それくらい緊張感を持って実習に取り組んでくれている方が、指導者としては安心していられます。

下手にこなれ感を出しながら、大切な患者様に触れられる方が、危なっかしくて目が離せません。

 

ここでは"触れることに慣れる"と同時に、"責任の重さ"も学べるとさらに良いでしょう。

 

 

治療のゴールや目的を答える。

 

スポーツ復帰、社会復帰、自宅へ退院、施設へ退院、拘縮予防など治療のゴールを見据えて、どんなリハビリテーションをしているのか見学するのも良いです。

 

目標に対して現在はどこまで達成出来ているのか、はたまた、どこが達成出来ていないのか。

そして、それをどの様にアプローチしていくのか。

と言った視点で見学できると、さらに良いでしょう。

 

 

そして、最後に少し変化球としては、、、

指導をお願いする先生に「この方は見学した方がいい!」と思う方を挙げてもらう方法もあります。

 

指導する側にも「こんなことを実習生さんには伝えたいな。」と思っていることが必ずあります。

その患者様に合わせた指導だけでなく、それに付随してセラピストとして大事な考え方や価値観、そして、この仕事を選択するときに必要な心構えなども伝えたいのです。

見学を通して、この世界の魅力に少しでも気づいてもらえたら指導する側としても嬉しいです。

 

 

 

以上のように分けて自分の興味ある分野を伝えてみて下さい。

また、実習ですから、今は興味のないことでも、将来の自分のためには色々な経験を積んでおくことが、あなたの武器となります。

実習の時に苦手だからと逃げていては、臨床へ出てからも逃げ続けるでしょう。

それがあなたの目の前に立つ患者様に対して、合わせる面ですか?

ぜひ、自分の苦手な分野や未知の分野にも手を出せるよう、実習に取り組んでみて下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

↓蔵書検索はこちらから↓

サイト内検索はこちらから

 

 

~~『実習の教科書』~~

「こんな書籍が欲しかった!」

 

その声にお応えして作成しました。

これを読むことで、

・実際の指導者はどう考えて指導にあたっているのか?

・指導者は学生になにをもとめているのか?

・評価から治療までに考えなければならないこととは?

・リハビリテーションってなに?

 

などの不安や疑問が解決されることでしょう。

実習前 編と実習中 編の2部構成。

合計4万字超えのボリュームです。

 

実習をよりよく過ごすための決定版。

本気で落ちたくないと考えている方のみ閲覧してくださいね。

臨床実習学生におすすめの教科書

 


↓貸出手続きはこちらから!↓

貸出ランキング

1

リハビリの学校では「SOAP」は習わない? 先日、学生さんとのやり取りの中でこんなものがありました。   【SOAPの書き方を教えてください】 学生さんからの一言。 あれ?課題でSOAP書くところある ...

2

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)について 2020年3月31日現在。 全世界でその猛威を振るう『新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)』。 今や日本においても決して他人事と思ってはい ...

3

はじめに 今回は実習中には避けて通れない「デイリーノート」についてまとめていきます。 比較的自由度が高いため、何を書いて良いのかわからないという質問が多く寄せられています。 たしかに、私も何が正解だっ ...

4

いきなりですが、質問です。 あなたは患者様の全体像ってなにを書けばいいかわかりますか?       今回はこんなテーマでやっていきます。     全体 ...

5

ROM測定は理学療法士の基本的な検査測定技術 実習中、必ず経験するであろうROM測定。 学生さんにとっては、初めて患者様に触れる機会でもあり、とっっっても緊張する検査の一つですよね。   友 ...

-よくある実習の悩み

Copyright© リハぶっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.